【特許や実用新案への奨励金【発明考案奨励条例】】

(令和4年7月19日更新)

米沢市発明考案奨励条例

市民の科学意識を醸成し、発明及び考案の実用について奨励することにより、米沢市の産業振興を図る目的で、昭和41年3月30日に制定されました。
この条例が適用される指定発明等になると、奨励措置として奨励金の交付を受けることができます。

対象者

・米沢市民・市内に勤務する方・市内の中小企業者

申請期間

令和4年8月1日(月)から 9月16日(金)

内容

令和2年度・令和3年度に出願申請された発明または考案の特許権(実用新案権)の出願・出願審査請求(実用新案技術評価書の請求)に関して発生した手数料、弁理士費用等、
その他出願に要した経費。
申請者1者につき1点までとし、奨励金は最大40万円です。

申請方法

米沢市発明考案奨励条例(Word)及び米沢市発明考案奨励条例施行規則(Word)を必ずお読みいただき、以下の書類を商工課までご提出ください。

1.米沢市発明考案指定申請書(Word)(PDF)

2. 特許権(実用新案権)の出願書類 並びに 出願審査請求書類(実用新案技術評価請求書類)の写し

3. 事業化の計画予定、発明等の概要をわかりやすく記載した書類(任意様式)

4. 出願等に要した経費であることを明らかにする書類
  (手数料、弁理士等への報酬、図面等の作成経費等の領収書など)

5. 登記簿謄本(法人の場合)または住民票(個人の場合)

6. 申請時において最新の納税証明書(市税)

審査について

有識者で組織される米沢市発明考案審査委員会を開催し、指定発明等を審査します。
審査基準は、以下の2点です。

1. 内容が技術的に優秀かつ独創的であり、実用効果を期待できるもの

2. 生産方法の改良・改善又は労働環境の改善に資するもの且つ能率的な効果を期待できるもの

※審査委員会にて、申請者より発明考案の内容説明をしていただきます。(11月中旬予定)

提出先・問合わせ

商工課(米沢市役所2階)の窓口へ提出するか、郵送にてご提出ください。

 

このページの作成・発信部署

産業部商工課

(企業立地推進室、商業振興担当、工業労政担当、企業立地推進担当)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-24-4541
メールアドレス:syouko-ka@city.yonezawa.yamagata.jp