【米沢市内企業2社が環境省グッドライフアワード各賞を受賞】

地域医療

鈴の宿 登府屋旅館、リアクト米沢が環境省グッドライフアワードの各賞を受賞しました!!

環境省が主催するグッドライフアワード(環境省グッドライフアワードホームページ)において、米沢市内の2社が表彰を受けることになりました。

グッドライフアワードは、環境省が主催する環境と社会を良くする取組を表彰するプロジェクトです。

この度、米沢市からは、登府屋旅館様が環境大臣賞 優秀賞、リアクト米沢様が実行委員会特別賞 環境地域ブランディング賞を二社が同時受賞する快挙を果たし、122日に東京都渋谷区で開催される表彰式において表彰されます。

登府屋旅館様、リアクト米沢様は、本市が取り組んでいる「わたしのなせばなる」に登録してくださっており、SDGsにつながる取組などを積極的に進めていらっしゃいます。

 

登府屋旅館様の取組について(※)

取組名称

  温泉で石油ゼロ!熱をフル活用するSDGs温泉旅館

取組要旨
   温泉が常にあふれ捨てられていく大浴場、石油で加熱して水道水が温水に変わるボイラー室。温泉を浴用だけでなく熱源としてヒートポンプを  導入したのが2010年。石油はゼロになりました。旅行に行きたくても選択肢がない車椅子ユーザー向けにバリアフリー化した2014年。何年ぶりかの温泉を楽しむ方が増えました。捨てられるはずのユーカリや温泉熱を活かしたサウナができた2023年。温泉と旅館をSDGSで見直し、 活用しています。

 

リアクト米沢様の取組について(※)

取組名称

 「リアクトプロジェクト」

再生可能エネルギーをハブとした新しい循環社会の創造

取組要旨
  バイオガス発電プラントによる地域未利用資源を活用した再生可能エネルギーの創出と地球環境負荷の軽減、住民参加型の新しいエネルギーの循環システムの構築を推進しています。また、その副産物を利用した農産品のブランディング・販売する事によって、弊社グループ・行政・地域農家・住民との連携しエネルギーと農産品のエシカル消費を目指しています。そして、循環の見える化を図ることによる、食育、そしてエネ育を推進し子供たちの未来に貢献しています。

 

 ※環境省グッドライフアワード応募要旨から一部改変

このページの作成・発信部署

企画調整部政策企画課(市役所3階6番窓口)

(未来都市推進室、企画調整担当、経営政策担当、情報システム担当、統計調査担当)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-22-0498
メールアドレス:seisaku-ka@city.yonezawa.yamagata.jp(代表)