【浸水した家屋等の消毒方法について】

(令和4年8月4日更新)

家屋が浸水した場合は、細菌等が繁殖しやすくなり、感染症に感染するおそれがあるため、洗浄により十分に汚れを除去して消毒することが大切になります。
感染症対策として消毒を実施する際、誤った消毒液の使用方法(希釈の方法等)や消毒箇所の清掃が不十分であった場合、消毒の効果を発揮できない可能性があります。

以下の資料を参考にし、適切な感染症対策に努めましょう。
浸水した家屋の感染症対策    清掃と乾燥が重要です
                        
清掃作業時に注意してください    浸水した家屋の感染症対策
                        
浸水した家屋の消毒手順

【PDF資料】 出典:厚生労働省

浸水した家屋の感染症対策(PDF)
清掃と乾燥が重要です(PDF)
清掃作業時に注意してください(PDF)
浸水した家屋の感染症対策(PDF)
浸水した家屋の消毒手順(PDF)

このページの作成・発信部署

健康福祉部健康課(すこやかセンター)

(健康企画担当、成人保健担当、母子保健担当)

〒992-0059 山形県米沢市西大通一丁目5番60号[地図]
電話:0238-24-8181 FAX:0238-24-5050
メールアドレス:kenko-ka@city.yonezawa.yamagata.jp