【マスク着用の考え方及び就学前児の取扱いについて】

(令和4年5月31日更新)

 この度、厚生労働省からマスク着用について以下のとおり考え方が示されました。
 気温が高い日は、マスクを着用し続けると熱中症のリスクが高まる場合もありますので、周りの状況に応じて、適切な対応をお願いいたします。
 判断に迷う場合は、以下を参考にしてください。

1 屋外でのマスク着用について

・ランニングなど離れて行う運動や、鬼ごっこのような密にならない外遊びなど、屋外で、2メートル以上を目安として他者との距離が確保できる
場合はマスクを着用する必要はないこと。
・徒歩での通勤など、屋外で人とすれ違うことはあっても、会話はほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要がないこと。
・屋外であっても、近い距離で会話をするような場面では引き続き、マスクの着用を推奨すること。
・夏場については、熱中症になるリスクが高くなるので、上記のマスクを着用する必要はない場面では、マスクを外してただくことを推奨すること。

2 屋内でのマスクの着用について

・他者との距離が確保できており、会話がほとんどない場合は、マスク着用は必要ないこと。他方、会話を行う場合は着用を推奨すること。

距離が確保できない場合で、会話を行うときはマスクの着用を推奨すること。
 加えて、通勤電車の中など距離が確保できない場合で、会話をほとんど行わないときについても、着用を推奨すること 。

3 子どものマスク着用について

・子どものマスク着用については、これまでも2歳未満については、マスク着用は奨めておらず、この取扱いに変更はないこと 。
・2歳以上の就学前の子どもについては、オミクロン株への対応として、 令和4年2月から、保育所等において、可能な範囲で、一時的にマスク着用を奨めてきたが、今般、この取扱いについて、2月の変更前の取扱いに戻すこと。
・具体的には、個々の発達の状況や体調等を踏まえる必要があることから、他者との距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めないこと。
なお、施設内に感染者が生じている場合などにおいて、施設管理者等の判断により、可能な範囲で、マスク着用を求めることは考えられること 。

関係資料

マスクの着用の考え方及び就学前児の取扱いについて【PDF】

屋外・屋内の着用について【PDF】

子どものマスクの着用について【PDF】

このページの作成・発信部署

市民環境部防災危機管理課

(危機管理担当、地域防災担当)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-27-8811
メールアドレス:kiki@city.yonezawa.yamagata.jp