【おくやみ窓口について】

地域医療

(令和5年7月14日作成)

「おくやみ窓口」とは

死亡届を提出した後に生じる市役所での各手続について不安がある方は、必要な手続を可能な限りワンストップで行うことができる予約制窓口「おくやみ窓口」を利用してください※1

  • お亡くなりになった方やご遺族(おくやみ窓口利用者)の状況に合わせて、必要な各手続を抽出し、手続に必要な持ち物の連絡や申請書の準備等を行います。
  • 各手続の担当課の職員がおくやみ窓口に来て、リレー方式で手続の説明や受付等を行い、ご遺族の方がスムーズに手続できるよう支援します。

※1 おくやみ窓口の利用によって市役所での手続が全て終了するとは限りません。
手続の中には、おくやみ窓口では行うことができないものや、特定の方(相続人等)でないとできないものがあります。
これらの手続については、担当窓口を直接ご案内するか、再度来庁をお願いすることとなります。

開設時間

月~金曜日(祝日、年末年始を除く)、時間枠は1日4枠(1枠につき一組)

名称  時間帯
A枠 午前9時~午前10時
B枠 午前10時30分~午前11時30分
C枠 午後1時30分~午後2時30分
D枠 午後3時~午後4時

利用方法

おくやみ窓口は完全予約制です。

なお、必要な手続や持ち物等を事前に把握するため、予約の際は、お亡くなりになった方やご遺族(おくやみ窓口利用者)の情報の入力が必要となります。
これらの情報は、おくやみ窓口担当職員と関係各課との間で共有しますので、あらかじめご了承ください。

入力する内容は、おくやみハンドブック12ページの「おくやみ窓口予約申込書」(後述)の各項目と同じものです。予約申込をスムーズに行うために、事前にご確認いただくことをおすすめします。

(おくやみハンドブックはこちらのページの下部からダウンロードや印刷が可能です。)

窓口を予約する

予約申込みの期限

利用希望日の3開庁日前の午前8時30分まで※2

※2 例えば「祝日がない週の金曜日」におくやみ窓口の利用を希望する場合、同じ週の火曜日の午前8時30分までに予約申込が必要です。

予約の方法

原則として、スマートフォンアプリ「LINE」で予約してください。※3

なお、LINE予約の操作は、土日祝日を含む24時間いつでも可能です。

【予約操作】

 (1) LINEアプリをインストールしたスマートフォンなどの端末を用意します。
 (2) 「米沢市公式LINEアカウント」を友だちに追加します。(既に友だちに追加している方は、この操作は不要です。)
  友だちに追加するには、カメラを起動して下の二次元コードを読み込むか、LINEアプリの「友だちのIDで検索」から「@yonezawacity」を検索してください。
米沢市公式LINEアカウント
 (3) 米沢市公式LINEアカウントのトーク画面から、リッチメニューの「おくやみ窓口」を選択します。
 (4) 入力フォームの各項目を入力したあと、カレンダー画面から利用希望の時間枠を選択して予約します。


※3 LINE予約が困難な方に限り、FAX又は窓口での予約が可能です。(受付時間:8時30分~17時(土日、祝日、年末年始を除く))
「おくやみ窓口予約申込書」を記入し、おくやみ窓口担当FAX(0238-23-8460)へ送信するか、市民課11番窓口へ直接持参してください。(おくやみ窓口予約申込書はこちらからダウンロードや印刷が可能です。また、おくやみハンドブック12ページにも掲載しているほか、おくやみ窓口でも配布しています。)

なお、電話での予約受付は行っておりません。

おくやみ窓口に来庁する

  • 当日必要な持ち物等については、前日までにメール等で連絡します。
    持ち物に不備があると、当日中に手続が完了しない場合がありますので、必ず確認してください。
  • 当日は、予約した時間までにおくやみ窓口へお越しください。
  • 遅れることが分かった場合は、すぐにおくやみ窓口へ連絡してください。
    ご連絡なく15分以上遅れた場合は、おくやみ窓口での手続ができなくなることがあります。

注意事項

  • おくやみ窓口では、市役所(上下水道部を除く)での手続のみを案内します。市役所以外での手続(年金事務所、法務局等)については、おくやみハンドブックの7ページを確認のうえ、ご自身で行ってください。
  • ご遺族自身で各課を回って手続を行うことも可能です。この場合、各担当窓口の予約は不要ですが、混み具合によっては待ち時間が発生する場合があります。また、持ち物に不備があると手続ができない場合もあります。