【プラごみゼロ よねざわアクション】

地域医療

 プラごみゼロ よねざわアクション ~Action for the future~


 使い捨てプラスチックの使用削減 & マイバッグ、マイボトル、マイはしの活用推進

 日本は、一人当たりの容器包装プラスチックごみの発生量については、世界第2位、プラスチックの消費量は、一人当たりに平均すると年間70キログラム以上と、大人の男性の平均体重よりも重いプラスチックを使っている計算となります。

 できるだけ、使い捨てプラスチックの使用を減らし、ごみを出さないよう心がけましょう。


 Reduse)(ごみになるものを減らす)のために、私たちにすぐできるアクション!  

  〇マイバック、マイボトル、マイはしなどを積極的に利用しよう。

  〇不要な使い捨てストローやスプーンを受け取らないようにしよう。

  〇不要なレジ袋や過剰包装は断ろう。

  〇プラスチックに代わる代替品が利用できないか考えましょう。

 ■芋煮会でもアクション

  食べきれない量を作らない、余った料理は持ち帰るなど、食品ロスをなくし、エシカル消費に努めましょう。
                  


  また、使用する箸、お椀、コップなどは、繰り返し使えるものを選び、ごみをなくすよう努めましょう。

            

 
 ※その他のアクションについても、順次更新していきます。

参考文献 「エシカル白書2022-2023」 一般社団法人エシカル協会 (山川出版社)