【市内小中学校における新型コロナウイルス感染症への対応について(8月23日付け)】

1 今後の対応について

(1)健康観察について
  ・登校前、健康観察の徹底をお願いします。
  ・風邪症状等をはじめ、腹痛や下痢、倦怠感など体調に変化があった場合は、登校を控え、医療機関の受診をしてください。
   同居の家族に体調不良がみられる場合も同様とします。

(2)基本的な感染防止対策について
  ・マスクは不織布のものが望ましいですが、様々な事情により不織布マスクを着用できない場合は、この限りではありません。
  ・学校では定期的な換気をはじめ、基本的な感染予防対策をこれまで以上に徹底します。

(3)部活動について
  ・活動前にチェックリストによる対策の点検を徹底します。
  ・活動は、自校内の活動に限定します。県外・県内における他校等の交流や合宿等宿泊を伴う活動は行いません。
   ただし、上位大会につながる大会等への参加に限り自校外の活動、宿泊を伴う活動を可能とします。
   その際は全行程において感染防止対策を徹底し、試合中以外はマスクを常時着用とします。
  ・外部指導者の参加は、県内在住者のみです。
  ・活動前後の集団での飲食は控え、活動終了後は速やかに帰宅するよう促します。

(4)学校行事等について
  ・県外への修学旅行は、延期や変更をします。
  ・学校行事の実施にあたり、内容、活動環境、動線等に感染リスクの高い状況がないか確認するとともに、当日の感染防止対策等、
   運営全般についても確認し対応していきます。

2 その他
  今後の感染状況等を踏まえ、対応に変更がある場合は改めてお知らせいたします。