【SDGs未来都市について】

(令和3年5月21日更新)

米沢市が令和3年度「SDGs未来都市」に選定されました!

「SDGs未来都市」とは、内閣府においてSDGsの理念に沿った基本的・総合的取組を推進しようとする都市・地域の中から、特に、経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通して持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都市・地域が選定されるものです。
このたび、全国から米沢市を含む31自治体が令和3年度「SDGs未来都市」に選定されました。
(「SDGs未来都市」に関する詳細は、下部の関連リンクをご覧ください。)
山形県内においては飯豊町、鶴岡市に次いで3番目の「SDGs未来都市」となります。


本市としましては、今回の選定に当たり、既にSDGsの取組を実践している企業や団体等をはじめとして、多くの市民とともにSDGsを推進してまいります。


選定証 選定証(市長)

関連リンク(外部サイト)

2021年度SDGs未来都市及び自治体モデル事業の選定について(内閣府地方創生推進事務局)

このページの作成・発信部署

企画調整部政策企画課

(未来都市推進室、企画調整担当、経営政策担当、情報システム担当、統計調査担当)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-22-0498
メールアドレス:seisaku-ka@city.yonezawa.yamagata.jp(代表)