【審査の概要 令和2年9月定例会】

 令和2年9月定例会
   産業建設常任委員会 委員長報告
      令和2年9月23日 開会
      令和2年9月30日 報告

 ご報告申し上げます。
 去る2日の本会議において、当委員会に付託されました案件は、議案5件、請願1件であります。
 当委員会は、議会日程に従い、23日の午前9時から委員会室において、全委員出席のもと、関係部課長並びに請願審査においては、参考人及び紹介議員の出席を求め開会いたしました。
 また、市道路線として認定しようとする箇所について、審査に先立ち、現地調査を行いました。
 以下、審査の経過と結果について、ご報告申し上げます。

 『議第64号 市有財産(米沢八幡原中核工業団地用地)の処分について』でありますが、本案は、米沢八幡原中核工業団地用地10026平方メートル余を、岐阜県加茂郡富加町羽生2146番地2 豊実精工株式会社 代表取締役 今泉由紀雄に5905万5千円で売却しようとするものであります。
 本案については、質疑や意見もなく、全委員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、『議第65号 市有財産(米沢オフィス・アルカディア用地)の処分について』でありますが、本案は、米沢オフィス・アルカディア用地5899平方メートル余を、愛知県春日井市気噴町北一丁目20番地 株式会社愛和ライト 代表取締役 岩田潤に6802万4千円で売却しようとするものであります。
 本案については、質疑や意見もなく、全委員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、『議第66号 米沢市窪田コミュニティセンター新設建築工事請負契約の一部変更について』でありますが、本案は、令和2年3月定例会で議決し、現在施工しております米沢市窪田コミュニティセンター新設建築工事について、地盤改良工事の取りやめ等に伴い、契約金額を1億8018万円から1億7743万円に275万円減額し、契約を変更しようとするものです。
 本案については、質疑や意見もなく、全委員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、『議第67号 米沢市すこやかセンター空調設備改修工事請負契約の締結について』でありますが、この工事は、経年劣化に伴う空調機器の故障等により利用環境に支障を来している米沢市すこやかセンターの空調設備を改修しようとするものであります。
 契約については、指名競争入札による契約とし、8業者による入札を行った結果、米沢市金池三丁目2番19号 弘栄設備工業株式会社米沢営業所 所長 松木正人が1億8568万円で落札し、仮契約を締結したので、本契約を締結しようとするものです。
 本案に対し、委員から、すこやかセンターは、健康課などの事務室のほか、もくいくひろばもあることから、市民の出入りも多い施設であるが、安全対策はどのように考えているかとの質疑があり、当局から、安全に工期内に工事完了できるようフロアやエリアごとに工事を進める計画であるとの答弁がありました。
 本案については、意見もなく、全委員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、『議第68号 市道路線の認定について』でありますが、本案は、一般申請に伴い2路線を新規認定しようとするものであります。
 本案に関連し、委員から、人口減少が進む中にあっても、市道認定基準にあてはまれば、制限なく市道認定していくのかとの質疑があり、当局から、市道認定に伴って維持経費の増額にもなるため、今後、都市計画マスタープランや、立地適正化計画で定める居住誘導区域の考え方などを踏まえて市道認定の在り方を検討してまいりたいとの答弁がありました。
 また、本案に関連し、委員から、市道路線廃止の考え方についてただされ、当局から、路線沿いの住居がなくなったり、代替(だいたい)の路線ができた場合は廃止を検討することもあるとの答弁がありました。
 本案については、意見もなく、全委員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、『請願第5号 免税軽油制度の継続を求める意見書の提出方請願』でありますが、本請願は、令和3年3月末日が期限となっている軽油引取税の課税免除の特例の継続を求め、国に向けて意見書を提出していただきたいとするものであります。
 審査に先立ち、参考人及び紹介議員から補足説明を受け、審査に入りました。
 本請願に対し、委員から、スキー場での軽油の経費負担の状況についてただされ、参考人から、天元台スキー場の場合、例年約3万リットルの軽油を使用しており、軽油の価格は、通常1リットル100円から110円で推移していることから、32円10銭の軽油引取税の免税額が約100万円、経費負担が約230万円であるとの答弁がありました。
 また、委員から、軽油の使用量を節減する対策は立てているかとの質疑があり、参考人から、天元台スキー場では、降雪の状況を見計りながら圧雪の回数を減らすほか、圧雪しないコースでの滑走を望む利用者の声を受けて、無圧雪ゾーンを設けて宣伝するなどして軽油使用量の節減に努めているとの答弁がありました。
 さらに、委員から、同趣旨の請願の提出状況についてただされ、参考人から、県内では、スキー場を有する自治体議会すべてに提出しているほか、地区部会長から山形県議会に提出しており、東北六県でも同様に東北索道協会加盟者から請願を提出しているとの答弁がありました。
 本請願については、意見もなく、全委員異議なく採択とすべきものと決しました。

 以上、当委員会に付託されました議案5件、請願1件の審査の経過と結果を申し上げ委員長報告といたします。

このページの作成・発信部署

米沢市議会事務局

(庶務係、議事調査係)
〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-24-8765
メールアドレス:gikai@city.yonezawa.yamagata.jp