【平成30年4月から入院時の食事代が変わります】

平成30年4月から入院時の食事代が変わります。
入院時の食事の費用は、食事療養にかかる費用から、標準負担額(患者負担分)を控除した額を入院時食事療養費として国保が負担します。
平成30年4月から、住民税課税世帯の標準負担額が下記のように変更になります。ただし、住民税非課税世帯、指定難病及び小児慢性特定疾病患者等の標準負担額は、据え置きとなります。

適用区分
平成30年3月までの標準負担額(1食) 平成30年4月からの標準負担額(1食)
住民税課税世帯 360円 460円
住民税非課税世帯又は低所得Ⅱ 過去1年間の入院が90日以内 210円 210円
過去1年間の入院が91日以上 160円 160円
低所得Ⅰ(※) 100円 100円

(※)各収入金額から、必要経費・控除額を差し引いた所得がいずれも0円となる世帯で70歳以上の人です。

各区分については高額療養費のページをご覧ください。

住民税非課税世帯、低所得Ⅰ・Ⅱの人は、国保年金課の窓口で「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受け、医療機関に提示することで減額となります。

【保険給付担当】

このページの作成・発信部署

市民環境部国保年金課

(管理担当、保険給付担当、年金担当)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-22-5516
メールアドレス:kokunen-ka@city.yonezawa.yamagata.jp