上杉鷹山公が奨励したといわれる雪菜

 「雪菜」は、全国でも珍しい雪の中で育つ軟白野菜です。
 そのルーツをたどれば、雪国での生鮮野菜の確保のために奨励した上杉鷹山公の時代にまでさかのぼるといわれています。
 雪菜は従来「かぶのとう」といい、そもそもは米沢市上長井地区特産の「遠山かぶ」の“とう(花茎)”を食していました。
 現在のものは、越後から伝えられた長岡菜との自然交雑から選抜育成したものと言われ、雪との関わりが深いその栽培法から「雪菜」という名称がつけられたものと考えられています。
 大自然が育み、厳しい冬を旬とする伝統の野菜「雪菜」には、雪と共に生活する先人の知恵と、雪の中で伸びる強靭な生命力が宿っています。


                                   
  雪菜  遠山かぶ                                                                                         
           上長井の雪菜                       遠山かぶ

上長井地区は雪菜の特産地域

 米沢市上長井地区は、雪菜の特産地域です。そこは、栽培に適した土壌条件と優れた栽培技術が備わっており、古くからの野菜の産地です。また、冬になると毎年1m50cmほどの雪が積もり、3月下旬まで大地は雪に閉ざされます。上長井地区は、厳寒、積雪の中で良く育つ雪菜にとって、最適な土地と言えるでしょう。 
 

ふすべると独特の辛味がでる不思議な雪菜 ふすべ漬け

 雪菜には、私たちに不足しがちな食物繊維や無機質(カリウム、リン等)、ビタミンCが多く含まれています。野菜が不足しがちな真冬の栄養素の供給源として、昔から貴重がられてきました。 生の雪菜は、味にくせがなくセロリに似ていますので、サラダとしても食できます。
 このように、雪菜には冬期間の栄養供給源という特徴がありますが、雪菜の特徴といえば、やはり、ふすべることによって出る独特の辛味でしょう。米沢地方の方言で湯通しすることを「ふすべる」と言います。雪菜は「ふすべる」と葉わさびや辛子とは違った独特の辛味があり、歯触りもシャキシャキした感じになります。
  
                  ふすべ漬け
                                                                           雪菜ふすべ漬

先祖の知恵を今に伝える雪菜

 雪菜は、雪の中に閉ざされて生鮮野菜を入手することが出来なかった時代に、豪雪地帯という特色を逆手に取り、雪とうまく共存した野菜であり、先人の知恵の賜物です。
 しかし、その一方で、雪菜を作るまでには、食用期を犠牲にし、その後も手間暇が必要となり、しかも、収量は11月の食用期の1/3程度になり効率が悪いことなど、その陰では生産者の多大なる苦労があるのです。生産者は、雪菜という先人の知恵の賜物を今に伝えたいという思いを込めて生産を続けているということです。




 米沢上長井雪菜生産組合のホームページ(外部リンク)


このページの作成・発信部署

産業部農政課

(米沢牛振興室、農政担当、農産担当、畜産担当、青果物地方卸売市場)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-22-0498
メールアドレス:norin-ka@city.yonezawa.yamagata.jp