【交通事故にあったときには】

必ず国保年金課の窓口に届出をしてください

米沢市国民健康保険に加入している方が交通事故など第三者(加害者)の行為が原因で負傷したり、病気になった場合でも国民健康保険を使って治療を受けることができます。
ただし、その際は国保年金課への届出が必要です。
本来、治療にかかる医療費は第三者(加害者)が負担するのが原則ですが、いったん米沢市国民健康保険が立て替え、あとで第三者(加害者)に請求します。

関係法令
国民健康保険法第64条(損害賠償請求権)
国民健康保険法施行規則第32条の6(届出)

届出様式

下記のほかに、交通事故証明書(原本)、示談書(成立している場合)が必要です。
また、定められた規定の様式第三者行為による受傷通報(見本)【PDF】がありますので、保険給付担当までご連絡ください。

〈注意〉次の場合は国民健康保険が使えません

 ・犯罪行為や故意の事故
 ・飲酒運転や無免許運転等による事故
 ・労災保険の対象となる仕事上の病気やけが

示談をする前に

 加害者との間で示談が成立すると、示談の取り決めが優先されるため、米沢市国民健康保険が立て替えた医療費を加害者に請求できなくなることがあります。
 この場合、被害者である被保険者の方に請求することとなりますので、ご注意ください。

【保険給付担当】

このページの作成・発信部署

市民環境部国保年金課

(管理担当、保険給付担当、年金担当)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-22-5516
メールアドレス:kokunen-ka@city.yonezawa.yamagata.jp