【米沢市観光振興計画】

策定の目的

現在の観光は、単に旅行やビジネス等でその地を訪れるだけではなく、趣味や嗜好、医療や健康、農業体験、更には移住など個々の多様なニーズに応じて、自らが企画する個人又は小グループ型の観光へも裾野が広がっています。このことは、自己の欲求を満たすことに対して我慢せず、価格や場所、時間等にもとらわれずに、「よりよいもの」を求める傾向を示しています。
このような状況の中で、日本国内においては、地域の様々な観光素材を活用した体験や交流を中心とした着地型観光の推進が図られ、全国いたるところで観光客の誘致合戦が繰り広げられています。
国内の数ある観光地の中から本市を訪れていただくためには、米沢市そのものの魅力(地域ブランド)の磨き上げや受入態勢を整え、「より選ばれる観光地・米沢」を目指していくことが必要とされています。
そのためには、行政や観光事業者だけではなく、市民一人ひとりの普段の暮らしや何気ない心遣いが、本市の魅力をより一層向上させるものと考えており、本市が一丸となって観光まちづくりに取り組むための指針として本計画を策定するものです。

計画の期間

平成28年度から平成32年度

基本方針

「地域ブランドの向上とより選ばれる観光地・米沢を目指して」

施策の目標と重点プロジェクト

1 地域ブランドとしての米沢の魅力向上

  1. 市民が米沢に誇りと郷土愛を持ち、おもてなしができる心の育成
  2. 各種まつり等の充実と市民の積極的な参加促進
  3. 米沢の魅力を伝える取組の実施及び支援
  4. 観光を契機とした移住・二地域居住をはじめとした交流人口の拡大

2 異業種連携による観光の促進

  1. 異業種連携による観光誘客やコンベンション等の誘致
  2. 異業種連携による新たな観光の創出
  3. 農業・農村民泊体験等を活かした教育旅行等国内外からの誘致
  4. ストーリー性のある観光コースの造成とガイドの育成

3 広域連携からの観光地づくり

  1. (仮称)道の駅よねざわの有効活用
  2. 広域観光の推進

4 戦略的な態勢整備

  1. 観光地域づくりプラットホームの育成支援
  2. 顧客ニーズに即したターゲットの選定や誘客施策につながる観光統計の見直し
  3. インバウンドに対応した受入態勢の整備と情報発信
  4. 二次交通の整備
  5. だれもが心地よく過ごせるようなバリアフリーの整備
  6. SNSや動画等を活用した有効的な情報発信

計画の推進に求められる役割

  1. 市民の役割
    元気なあいさつや親切な道案内など、日ごろからのおもてなしの心で接することが求められます。
  2. 民間事業者の役割
    最も観光客に近い存在として、好印象につながるサービスやおもてなしの向上が求められます。
  3. 商工・観光・農業関係団体の役割
    商工・観光・農業関係団体が更に連携し、組織の強化と活動の充実が求められます。
  4. 行政機関の役割
    関係団体と今まで以上に連携して観光まちづくりに取り組み、地域ブランドの向上に努めます。

パブリック・コメントの結果

パブリック・コメントの結果【PDF】

本編及び概要版のダウンロード

第3期米沢市観光振興計画【PDF】

第3期米沢市観光振興計画 概要版【PDF】

このページの作成・発信部署

産業部観光課

(観光企画担当、観光施設担当)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-24-4541
メールアドレス:kanko-ka@city.yonezawa.yamagata.jp