【米沢市景観賞】

 米沢市景観賞は、”まちなみに調和し、優れたデザインの建築物”や”良好な景観まちづくり活動”を顕彰し、米沢らしさを活かした美しいまちなみづくりを推進するために実施しています。
 美しく魅力のあるまちなみづくりに皆さんの御協力をお願いします。

第20回米沢市景観賞の決定について

第20回目となる今回は、現代部門に2件、残したい建物部門に2件の建造物が米沢市景観賞に選定されました。

受賞建造物の紹介

現代部門

村正アルカディアオフィスビル NECエンベデッドプロダクツ 株式会社米沢事業所
(アルカディア一丁目)

村正アルカディアオフィスビル
【所有者】村正運輸 株式会社 NECエンベデッドプロダクツ 株式会社
【設計者・施工者】NECファシリティーズ 株式会社


cafe+gallery青田風(六郷町一漆)
青田風

【所有者】齋藤 太佑 氏
【設計者】ディアーキテクト設計事務所 鈴木 一誠 氏
【施工者】株式会社 矩広佐藤建設


残したい建物部門

米沢興譲教会(中央三丁目)
米沢興譲教会
【所有者】宗教法人 米沢興譲教会


日乃本帆布 米沢本店(門東町一丁目)
帆布
【所有者】有限会社 伊文商店
【リノベーション・経営者】有限会社 三香堂


受賞建造物の紹介

 マップ内のバルーンをクリックすると、受賞建造物の紹介画面が表示されます。
 <凡例>  バルーン青 :現代部門 バルーン赤 :残したい建物部門 バルーン黄 :景観重要建造物
 ※ 内容は受賞当時のものです。
 ※ 受賞建造物のうち、個人宅は表示しておりません。



◎表彰規定について

現代部門
 本市に現存する、概ね10年以内に建築された住宅、事務所、店舗、門、塀、垣、車庫、倉庫といった建築物等のうち、地区の特性を生かし、まちなみとして良好な景観を創出しているもので、次のどちらかに該当するものです。
 (1)地区の特性を生かし、新たな景観を創出しているもの
 (2)歴史的、伝統的な雰囲気を創出しているもの

残したい建物部門』(第9回:平成19年度から)
 本市に現存する、歴史的、伝統的な雰囲気を感じさせる建築物等で形態が良好に維持管理されているもので、次のどちらかに該当するものです。
 (1)歴史的、伝統的な雰囲気を醸成しているもの、また維持しているもの
 (2)歴史的、伝統的な建築物等を再生し、景観的価値を高めたもの

まちなみ部門』(第9回:平成19年度から)
 魅力ある良好な景観の創出や保全に貢献し、継続して活動している事業や取組。

※いずれの部門もこれまでの米沢市景観賞受賞建築物や公共団体が建築、実施したもの、国、県、市の文化財に指定・登録を受けたものは除きます。

景観賞の選考
 景観賞は、米沢市景観形成委員会が選考し、市長が表彰を行います。

景観賞の表彰
 「現代部門」は建築物等の所有者及び設計者並びに施工者、「残したい建物」は所有者及び取組の主体者、「まちなみ部門」は個人又は団体の代表者を表彰します。 

このページの作成・発信部署

建設部都市整備課

(営繕室、都市政策担当、公園緑地担当、建築住宅担当、空き家対策担当、営繕担当)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-24-4541
メールアドレス:tosei-ka@city.yonezawa.yamagata.jp