【低炭素社会の形成】

低炭素社会とは、地球温暖化の原因である二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を、自然が吸収できる量以内に削減するため、低炭素エネルギーの導入などの環境配慮を徹底する社会システムのことをいいます。

地球温暖化の基礎知識

地球温暖化の原因と影響、私たちにできることを掲載しています。
JCCCA全国地球温暖化防止活動推進センター(外部リンク)

再生可能エネルギー導入の推進

再生可能エネルギーとは

太陽光、太陽熱、風力、地熱、バイオマスなど通常エネルギー源枯渇の心配がない自然エネルギーのことをいいます。ダムなどの建設を伴わない小規模の水力発電も再生可能エネルギーに含まれます。 

太陽光発電

太陽光発電は、発電時に二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギーです。太陽光のエネルギーを電力に変換する発電方式です。日射など自然条件によって発電量が変わりますが、昼間の電力需要ピークを緩和し温室効果ガス排出量を削減することができます。
山形県 再生可能エネルギー設備導入事業費補助金(外部リンク)

木質バイオマス

「バイオマス」とは、生物資源(bio)の量(mass)を表す言葉であり、「再生可能な、生物由来の有機性資源(化石燃料は除く)」のことを呼び、そのなかで、木材からなるバイオマスのことを「木質バイオマス」と呼びます。
 バイオマスは、燃料としてエネルギー利用した場合も、排出される二酸化炭素の収支は0となるカーボンニュートラルという特性があり、太陽光発電や、風力発電とともに再生可能エネルギーの一つに認定されています。
林野庁 木質バイオマスの利用推進について(外部リンク)

省エネルギーと節電の推進

生活の中でできるかぎり資源・エネルギーの無駄使いを排除し、再利用やリサイクルを推進していくことが、低炭素社会・循環型社会を構築し地球温暖化を防止する基本となります。無理のない範囲で、できることから始めてみましょう。
家庭で取組む節エネガイド JCCCA全国地球温暖化防止活動推進センター(外部リンク)

🔶6月から9月までの間は夏の省エネ県民運動(山形県 笑顔で省エネ県民運動への外部リンク)を実施しています。
温室効果ガス排出削減に向け、「知恵出して チャレンジしようよ 令和の省エネ」をスローガンに、知恵と工夫を生かした自主的な省エネの取組を呼びかけています。

【省エネの取組事例】
《家庭の取組み》※1人1日当たりのCO2削減量の目安

・冷房時の室温は28℃を目安にする・・・・・51g (エアコンの冷房設定温度を27℃から28℃にした場合)

・エアコンの利用時間を1時間減らす・・・・・32g

・白熱電球をLEDランプに交換する・・・・・47g

・シャワーの使用時間を1分間短縮する・・・・・79g

・電気冷蔵庫の温度は適切に設定する・・・・・32g(設定温度を強から中にした場合)

・電気冷蔵庫にものを詰めすぎない・・・・・23g

《エコドライブの取組み》※1台1日当たりのCO2削減量の目安

・発進時はふんわりアクセルで、ゆっくりスタートする・・・・・531g

・車間距離にゆとりをもって、加速減速の少ない運転をする・・・・・186g

出典:経済産業省資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド」

ノーマイカーデーの推進

地球温暖化対策の一環として、市職員を対象に、通勤車から排出される温室効果ガス(二酸化炭素)の排出量削減を目指して「ノーマイカーデー」に取り組んでいます。

平成30年度の取組状況

二酸化炭素削減量:約32トン(樹木約2,300本の森林吸収量に相当)
総距離数:約13.4万キロメートル(地球約3周分、ガソリン13,400リットルの削減に相当)

市民のみなさまへ
  • マイカーの利用を見直して、徒歩や自転車での移動、公共交通機関を利用しましょう
  • エコドライブを心掛けましょう

徒歩や自転車で通勤することで、温室効果ガスが削減できるほか、車を利用するよりも消費カロリーが多くなり健康増進効果が期待できます。毎日実施することは、なかなか難しいことだと思いますが、“できる日”に“できること”から取り組んでみてください。

このページの作成・発信部署

市民環境部環境生活課

(危機管理室、環境担当、廃棄物対策担当、生活安全担当、危機管理担当)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-22-0498
メールアドレス:kansei-ka@city.yonezawa.yamagata.jp