市庁舎耐震化事業の市民説明会を開催します

本市の庁舎は、昭和45年(1970年)に建設され46年以上が経過しており、平成26年度に耐震診断調査を行ったところ、「震度6強程度の地震の振動及び衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険性が高い」という判定が出されました。庁舎は、行政の中枢拠点として重要な役割を果たすだけでなく、東日本大震災や熊本地震の状況を見ても災害対策の拠点となる大切な施設であり、高い耐震性や安全性を確保する必要があります。
3月15日号の広報よねざわでは、市庁舎の耐震化について、①耐震補強、②建替え、③市内公共施設への分散化の3案の比較検討結果をお知らせしましたが、その後、検討を重ね、耐震化の基本的な考え方を取りまとめました。その内容について下記のとおり説明会を開催しますので、市民のみなさまのご参加をお待ちしております。


説明内容

①市庁舎の現状、課題
②市庁舎耐震化の基本的な考え方について


日時及び会場(4回とも同じ内容を説明いたします)

開 催 日 

時 間

会 場 

 平成29年5月19日(金)  午後7時30分~  すこやかセンター大会議室(2階)
 平成29年5月21日(日)  午後5時00分~  すこやかセンター大会議室(2階)
 平成29年5月22日(月)  午後7時30分~  置賜総合文化センター203研修室(2階)
 平成29年5月23日(火)  午後7時30分~  伝国の杜大会議室(2階)

※事前申し込みは不要ですので、都合のよい日にお越しください。
 会議時間は、質疑を含め1時間程度を予定しています。



問い合わせ先:米沢市総務部財政課管財係 22-5111(内線2305)