東北中央自動車道 福島~米沢間(通行無料)について


○新着情報

  東北中央自動車道「福島大笹生IC~米沢北IC」間が平成29年11月4日(土)に開通します。
  (国土交通省の記者発表を受けて米沢市長のコメントを掲載しています。)



○東北中央自動車道(福島~米沢間)の概要


東北中央自動車道 福島~米沢間ルート図


  北中央自動車道 福島大笹生~米沢八幡原~米沢北 
○東北中央自動車道 福島大笹生IC~米沢八幡原IC
 福島市から米沢市万世町桑山に至る区間で、急峻な山岳地帯を通過します。そのため、多くの橋梁・トンネル等の構造物が整備され、延長に占める構造物の比率は約60%となります。
 福島・山形両県境の栗子峠を貫く栗子トンネルは、平成21年度より工事が進められ、平成26年3月22日に掘削が完了しました。この栗子トンネルは完成すると延長8,972mとなり、道路トンネルとしては東京湾アクアトンネルに次いで全国で5番目に長く、東北地方では最長のトンネルとなります。この整備により、大雨や風雪による交通障害を解消し、冬期間も安定した交通機能の確保が期待されます。

○東北中央自動車道 米沢八幡原IC~米沢北IC
 米沢市万世町桑山から米沢市窪田町小瀬に至る区間で、米沢市大字川井地内には、地域活性化インターチェンジとして米沢中央インターチェンジが整備されます。
 
 上記2区間は、平成29年11月4日(土)の開通日に向け、直轄高速として整備が進められています。
 直轄高速とは、整備の緊急性・必要性の高い高速道路のうち、採算性がとれないなど高速道路会社による整備・管理が難しい区間において、国土交通省が国費及び地方費により整備する高速道路で、完成後は無料開放されます。


東北中央自動車道 に関するページ 

  

 

 米沢大橋の写真
JR奥羽本線・羽黒川・最上川を横断する(仮称)米沢大橋