第11回秋山庄太郎記念米沢市写真文化賞
入賞・入選作品
 応募総数1,306点の中から最高賞の文化賞、部門賞、入選作品が決定しました。
 ・Web用に画像を補正しています。ご了承ください。
  なお、画像をクリックすると大きい画面でご覧いただけます。
 ・各部門入選作品は受付順です。順位とは関係ありません。
 ・受賞者の敬称は省略しております。

 文化賞(自然・生き物部門)

 
「吹き荒れる波」
田辺 寿郎
(新潟県新潟市)

 【講評】
  波そのものの存在感がとても強く、ローキー調の露出表現が効果的に成功しています。画面構成・フレーミングの
 完成度も高く、シャッターチャンスをねらう執念を感じさせます。
  想像を超えた波の形状こそが、まさに自然の美。その二度とない光景をとらえた力強い作品です。

 

 部門賞(花部門)

 
「山躑躅(ヤマツツジ)」
藤倉 裕
(山形県米沢市)

 【講評】
  風が強い滝の側で、低速シャッターで滝の流れをとらえながら、花の止まった瞬間を上手にとらえています。光の
 取り入れ方も素晴らしく、幽玄の美が宿っているようです。
  山躑躅を対角線に置いた構図により、山躑躅の存在感を高め、凛とした力強さを感じさせる作品です。

 

 部門賞(人物・スナップ部門)

 
りくりょくいっしん
「戮力一心」
秋篠 重仁
(岩手県盛岡市)

 【講評】
   難しいピントが、ベストの位置にピシッと決まっています。人馬一体となった必死な形相が、レースの過酷さを
  物語っているようです。馬に「行くぞ!」と力強く声掛けしているかのように感じられ、動きのあるなかで、一瞬
  をとらえた躍動感あふれる作品となっています。

  

 米沢賞(自然・生き物部門)

 
「親子で横断」
小川 章一
(山形県米沢市)

  

 入選(花部門) 10点


「アルプス遠望」
太田 等
(長野県長野市)


「朱色の刻」
 河又 昭男
(栃木県芳賀郡茂木町)


「やすらぎ」
 渡辺 久子
(新潟県新潟市)


「寄り添い」
 山口 八郎
(長崎県諫早市)


「夕映え」
重村 哲雄
(山口県山口市)


「迎火」
 西本 貢
(広島県三原市)


「目覚めの春」
吉江 和幸
(北海道北斗市)


「凜として」
増田 将洋
(新潟県新潟市) 


「春へのいざない」
大塚 さよ子
(群馬県高崎市)


「美の追求」
錦織 健
(東京都大田区)

 

 
 

 入選(自然・生き物部門) 10点


「厳冬を生きる」
安井 健二郎
(香川県高松市)


   
「かくれんぼ」
風間 ヤヨエ
(新潟県新潟市)


「哀愁のボレロ」
安部 諭
(新潟県新潟市)


「氷の造形」
山口 喜吉
(山形県川西町)


「晩秋の山辺」
坂井 則之
(神奈川県横浜市)


「旅立ち」
田村 卓
(新潟県新潟市)

 
「群れ」
秋田 和征
(広島県広島市)


「恋の季節」
中林 重英
(新潟県新発田市) 


「北国春化粧」
中田 丑五郎
 (岩手県柴波町)


「ひとやすみ」
 東 潔
(三重県名張市)

 

 入選(人物・スナップ部門) 10点


「迷宮」
片山 智士
(京都府京都市)


「子供の日」
野崎 洋子
(新潟県新潟市)


「参道の二人」
高橋 ジュン
(新潟県新潟市)


「帰り橋」
深井 賢二
(京都府宇治市)


「一休み」
花野 祐一
(新潟県新発田市)


「森の子供達」
宮森 義雄
(東京都東村山市)


「絆」
木村 文雄
(新潟県新潟市)


「美味しいよ」
佐藤 靖司
(山形県米沢市)

 
「夏色」
斉藤 延子
(香川県観音寺市)


「勝負あった」
石田 誠善
(新潟県新潟市)