返礼品のパソコンについて

 

 ふるさと納税における御礼品としてのパソコンの取り扱いについて

 

  本市は、八幡原中核工業団地を擁し、情報関連産業を中心とした東北有数の産業集積地であり、山形県内でも屈指の製造品出荷額を誇っております。ふるさと納税におきましては、「ものづくりのまち」としての本市の特徴を踏まえ、市内において製造等がされたパソコンについても特産品として返礼品に採用してまいりました。
 地域経済の活性化と雇用の確保にも大きく影響していることから、当面はこの考え方を継続してまいります。
なお、本市で取り扱うパソコンにつきまして、次の点について、寄附者の皆様のご協力をお願い申し上げます。

1.パソコンについては、原則的に、お一人様1台とさせていただきます。
2.転売等の防止として、お一人様1台とさせていただいておりますが、複数台をお申込みの場合は、どのようにご利用になるか、本市から確認をさせていただく場合がございます。
3.パソコンについては高額商品でありますが、ふるさと納税でお送りする御礼品については、税制上の一時所得に該当しますので御注意ください。
  これは、ふるさと納税(寄附)が収入(特産品)を得るための支出として扱われず、寄附金控除の対象とされていることによるものであり、一時所得は、年間50万円を超える場合に、超えた額について課税対象となります。



パソコンの受付について

本市ふるさと納税の返礼品として取り扱っているパソコンについては、現在、ふるさと納税掲載サイト「ふるなび」にてお申込み受付を行っております。
パソコンのお申込をご希望の方は、「ふるなび」サイトにて詳細をご覧ください。

(受付期間について)
2017年のお申込みの受付は、2017年1月4日(水)午前10時より行っております。


「ふるなび」サイトは下をクリック