【夏秋胡瓜目揃え会を開催】

(令和2年7月10日更新)

置賜のブランド『夏秋胡瓜』の目揃え会が開催されました


 7月2日(木)に米沢市青果物地方卸売市場で、当市場の主力品目である「夏秋胡瓜」の本格的な出荷を前に目揃え会が開催されました。目揃え会とは出荷規格を統一するために行われます。その後、品質と規格別に箱詰めされ出荷されることになります。
 この日は夏秋胡瓜の生産者や市場関係者ら約50人が出席し、この日から10月上旬までの約3ヶ月間、生産者は毎日朝晩収穫に追われます。暑い時期のため、体調管理には十分に注意しながら作業に取り組んでいただきたいと思います。
 
夏秋胡瓜
見事な胡瓜です。学校給食の共同購入でも提供されています。

目揃え会の様子
年間500トン以上の出荷を見込んでいます。

 夏秋胡瓜は、新潟や静岡、愛知など県外へも出荷され、高値で販売されていることから若い生産者も増えています。
興味のある方は卸売業者である米沢青果株式会社(TEL 0238-37-4111)へお気軽にご相談ください。

このページの作成・発信部署

産業部農林課

(米沢牛振興室、農政担当、農産担当、森林農村整備担当、畜産担当)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-22-0498
メールアドレス:norin-ka@city.yonezawa.yamagata.jp