【経済産業省 遠隔健康相談事業について】

(令和2年7月1日更新)

経済産業省は新型コロナウイルス感染症の感染拡大の懸念等を含め、国民が抱える健康不安を遠隔で医師等に無料で相談できる健康相談窓口を設置しました。
無料の窓口設置期間は、5月1日(金曜日)から8月31日(月曜日)です。

 医師による遠隔健康相談窓口とは

医師等の専門家と相談者の間で、PCやスマートフォン等の情報通信機器を活用してコミュニケーションをとります。
相談者の個別的な状態を踏まえた診断や薬の処方は行いませんが、健康不安等を医師等に遠隔で相談することができます。

相談窓口の種類と利用方法

 24時間チャット等窓口
一般の方が抱える健康不安に医師が24時間チャットによる相談に対応する窓口です。
【対応診療科】内科・産婦人科・整形外科・皮膚科・耳鼻咽喉科
詳細は、以下のパンフレットをご覧ください。
24時間チャット等窓口(PDF)経済産業省より
企業の健康管理体制等に関する窓口
企業人事等が抱える健康管理体制の不安等に対処できるよう、医師等が企業の人事や従業員、その家族等の相談に対応する窓口です。
詳細は、以下のパンフレットをご覧ください。
企業の健康管理体制等に関する窓口(PDF)経済産業省より
小児・産婦人科専門窓口
小児や妊産婦が抱える健康不安に専門医等がテレビ電話とテキスト形式で相談に対応する窓口です。
妊娠中から産後の悩み、新生児から15歳のお子さんの相談が可能です。
詳細は、以下のパンフレットをご確認ください。
小児・産婦人科専門窓口(PDF)経済産業省より
メンタルヘルス専門窓口
長引く外出の自粛等によって生じる精神的な不安を心理職等の専門家が24時間電話による相談に対応する窓口です。
詳細は、以下のパンフレットをご覧ください。
メンタルヘルス専門窓口(PDF)経済産業省より

このページの作成・発信部署

健康福祉部健康課(すこやかセンター)

(健康企画担当、成人保健担当、母子保健担当)

〒992-0059 山形県米沢市西大通一丁目5番60号[地図]
電話:0238-24-8181 FAX:0238-24-5050
メールアドレス:kenko-ka@city.yonezawa.yamagata.jp