風しん抗体検査事業について

大人の風しん抗体検査費用を助成します
 

 先天性風しん症候群を予防するために風しん抗体検査の助成を行っています。対象となる方は健康課で発行している受診券を医療機関にお持ちいただき、無料で抗体検査を受けることができますが、ワクチン予防接種は全額自己負担となります。健康課で受診券の申請をしてから医療機関で抗体検査を受けてください。

●実施期間 平成29年4月1日~平成30年3月31日

●受診券申請場所 すこやかセンター2階 健康課

●対象者

 検査日において、米沢市に住民票がある方で、以下の対象者1から対象者3に該当する方。

 

対象者1 妊娠を予定または希望する18歳~51歳未満の女性

検査日において、18歳~51歳未満の方が対象となります。

 

対象者2 妊娠を予定または希望する18歳~51歳未満の女性(抗体検査を受けた方であって、

検査結果から風しんウイルスに対する抗体価が低いと医師が判断した場合に限ります。)の夫及び同居する家族(未就学児を除きます。)

 

対象者3 妊娠届出書を市に提出した妊娠中の方(妊婦健康診査を受診し、風しんウイルスに対する抗体価が低いと医師が判断したものに限ります。)の夫及び同居する家族(未就学児を除きます。)

 

※この事業において、抗体が低いというのは、HI法であれば16以下、EIA法であれば8未満です。

 

ただし、次のいずれかに当てはまる方は対象となりません

◎風しん予防接種(麻しん風しん混合ワクチン(MR)/麻しんおたふく風しん(MMR)を含む)を2回以上受けた方

◎風しんに罹患したことが有る方        

◎妊娠中の方(妊娠の可能性がある方を含みます)

◎風しん抗体価が十分あることを確認している方

     ◎昨年度までの助成(償還払い含む)を受けた方

 

●持ち物 

・印鑑(ゴム印・スタンプ印不可)

・「対象者2の人」は、妊娠を予定または希望する18歳~51歳未満の女性の抗体価が低いとわかる検査結果

・「対象者3の人」は、母子健康手帳と妊婦の抗体価が低いとわかる検査結果

●その他 

    ・家族の代理申請も可能です。