米沢市空き家利活用支援事業補助金について

この制度は、居住を目的に空き家を購入された個人の方に対して、購入費用の一部を補助し、市内の空き家の利活用と移住・定住人口の増加を図ることを目的としています。

補助金の交付対象者

 

平成29年4月1日から補助金交付申請日までの間に空き家を購入、又は平成30年3月15日までに売買契約見込みの個人で、当該空き家に住所を移し居住できる方


対象要件

 補助金の交付を受ける場合は、以下の全ての要件に該当する必要があります。

 ①購入する空き家が、概ね6か月以上使用実績のない米沢市内に所在する一戸建ての建築物であること。
 ②購入する空き家が併用住宅の場合、建築物全体に占める居住部分の延べ床面積割合が2分の1以上であること。
 
③平成29年41日から補助金交付申請時までに空き家の売買契約を結んでいること。 又は平成30年3月15日までに売買契約の見込みがあること。

 ④平成30年331日までに当該空き家に住所を移すことができること。
 
⑤平成30年4月30日までに実績報告書を提出できること。
 
⑥市税の滞納がないこと。

申請時において本市に住所を有していない場合、現住所地の市町村税を滞納していないこと)

補助金の額

空き家の購入に要する費用 20万円 (該当は建物のみで、土地は対象外)
 ※補助金額(加算含む)が空き家購入費を超える場合は、空き家購入費の額が補助金となります。
  交付申請書の空き家購入経費には、建物に係る費用のみご記入ください。 
 ※補助金申請は、1人につき1回限りとし、対象となる空き家1戸につき1回限りとします。

 《加算措置》以下の条件に当てはまる場合は、以下のとおり補助金を加算する。
 ①転入者加算 20万円 

◎次のいずれかに該当する転入者の場合
 ア 申請日現在で、本市の区域外に1年以上継続して居住し、本市に転入しようとする方

 イ 転入前本市の区域外に1年以上継続して居住しており、且つ平成28年4月1日以降本市に転入した方
 ウ 平成23年3月11日に東日本大震災の被災地(岩手県、宮城県、福島県に限る)に居住しており、平成28年3月31日までの間に本市に転入した方
 
 ②地域加算 10万円 

 ◎米沢市都市計画区域の用途地域(工業専用地域を除く)にある空き家を購入する場合   米沢市都市計画総括図

【募集期間】 募集チラシ

第1回目 平成29年9月 4日(月)~平成29年9月22日(金)
第2回目 平成30年1月22日(月)~平成29年2月 9日(金) 

【申込み方法】 
申込みから補助金支払いまでの流れ

募集期間(土・日曜日は除く)に提出書類を添えて、午前8時30分から午後5時まで市総合政策課(市役所3階)へお申込みください。

※応募額が予定額を上回った場合は抽選となります。
応募の結果は後日お知らせいたします。

【提出書類】

 ①米沢市空き家利活用支援事業補助金交付申請書【WORD】

  ②空き家に関する誓約書及びそれを補完する資料【WORD】

 ③空き家の売買契約書の写し※契約見込みの場合、その空き家の所在地と購入予定金額が分かる資料
 ◎補助金該当は建物のみで土地は対象外のため、契約書だけでは建物と土地の購入額内訳が分からない場合、その内訳が分かる資料

 ④空き家の位置図及び平面図※契約見込みの場合、平面図は契約後提出でも可
 ⑤申請者の納税証明書(平成29年度までの納税状況が分かるもの)

 ※申請時に米沢市外に居住の方は、その居住地の市役所等で発行する平成29年度の納税状況が分かる証明書をご準備ください。

 ⑥市外に1年以上継続して在住していること(在住していたこと)を証明する書類(転入者のみ)
 
本籍地の市役所等が発行する住所異動に関する資料として「戸籍の附票謄本」があり、これは本籍地が遠方の場合でも郵便での請求が可能です。または、前住所地の市役所等が発行する「住民票除票」がありますが、こちらも郵便での請求が可能です。

 ⑦前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

※本制度は空き家を取得していただくことに対しての補助金であるため、米沢市住宅リフォーム総合支援事業費補助金との重複申請は可能です。
 その他の補助金との重複申請につきましては、事前にご相談ください。

(申込み・問合せ)
〒992-8501 米沢市金池五丁目2番25号 米沢市役所 総合政策課 地域振興担当
TEL 0238(22)5111(内線2806・2807) FAX 0238(24)4540
E-mail:
seisaku-ka@city.yonezawa.yamagata.jp