米沢市特定教育・保育施設等保育料について

料金表は児童の認定区分によって3種類ありますので御注意ください。

<認定こども園の幼稚園部分を御利用の場合>
1号認定の料金表はこちら

<保育園、又は認定こども園の保育園部分を御利用の場合>
2号・3号認定(標準時間)の料金表はこちら
2号・3号認定(短時間)の料金表はこちら



平成27年度米沢市特定教育・保育施設等保育料

【1号認定】

平成27年4月1日から

児童の属する世帯の階層区分

国の基準

保育料
(満3歳以上)

生活保護世帯

0円

0円

市町村民税所得割非課税世帯
(ひとり親世帯等)

3,000円

0円

市町村民税所得割非課税世帯
(上記以外の世帯)

2,800円
(1,400円)

市町村民税所得割課税世帯

市町村民税所得割課税額
48,600円以下の世帯
(ひとり親等世帯)

16,100円

10,000円
(5,000円)

48,600円以下の世帯
(上記以外の世帯)

11,000円
(5,500円)

D1

市町村民税所得割課税額
48,601円以上 ~ 77,100円以下
(ひとり親等世帯)

12,000円
(6,000円)

48,601円以上 ~ 77,100円以下
(上記以外の世帯)

13,000円
(6,500円)

D2

77,101円以上 ~ 211,200円以下

20,500円

18,000円
(9,000円)

D3

211,201円以上

25,700円

23,000円
(11,500円)

※(  )内の料金は、2人目の場合の半額料金です。

<備考>
1 保育料の階層は父母およびその他の扶養義務者(家計の主催者である場合に限ります)の市町村民税所得割額の合計で決まります。
2 毎年9月が保育料の切り替え時期となります。4月から8月までは前年度(26年度)の税額に基づく保育料で、9月から3月までは当年度の税額に基づく保育料となります。
3 税額を計算するときには、寄附金税額控除、外国税額控除、配当控除、住宅借入金特別税額控除等(調整控除以外)の控除は適用になりません。
4 B階層、C階層、D1階層のひとり親等世帯とは、ひとり親世帯、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者を有する世帯、特別児童扶養手当の支給対象児、国民年金の障害基礎年金等の受給者を有する世帯です。
5 認定こども園、幼稚園に在籍しているお子さんから小学校3年生までの範囲において、年齢の高い順に1人目、2人目(半額)となります。3人目以降は無料です。
6 月の途中に幼稚園、認定こども園(幼稚園部分)に入園又は退園された方は、在籍日数に応じた保育料となります。[その月の保育料=保育料(月額)×在籍日数(日曜祝日を除く。20日を超える場合は20日)÷20日]
7 保育料とは別に、通園バス代、施設整備費、給食代等、各施設で設定する費用があります。
8 市民税の修正申告を行った場合や、婚姻、離婚等の世帯構成が変更になった場合は、保育料階層区分が変更となる場合があるので、すみやかにご連絡ください。

ページの先頭へ戻る


平成27年度米沢市特定教育・保育施設等保育料

【2・3号認定/標準時間】

平成27年4月1日から

児童の属する世帯の階層区分

国の基準

保育料

3歳未満

3歳以上

3歳未満

3歳以上

生活保護世帯

0円

0円

0円

0円

市町村民税非課税世帯
(ひとり親世帯等)

9,000円

6,000円

0円

0円

市町村民税非課税世帯
(上記以外の世帯)

5,300円
(2,650円)

3,000円
(2,650円)

市町村民税所得割課税世帯

市町村民税所得割課税額
48,600円未満の世帯
(ひとり親等世帯)

19,500円

16,500円

14,500円
(7,250円)

10,600円
(5,300円)

48,600円未満の世帯
(上記以外の世帯)

15,500円
(7,750円)

11,600円
(5,800円)

D1

市町村民税所得割課税額
48,600円以上 ~
75,000円未満

30,000円

27,000円

21,000円
(10,500円)

19,500円
(9,750円)

D2

75,000円以上 ~
97,000円未満

26,000円
(13,000円)

23,500円
(11,750円)

D3

97,000円以上 ~
130,000円未満

44,500円

41,500円

35,000円
(17,500円)

29,000円
(14,500円)

D4

130,000円以上 ~
169,000円未満

39,500円
(19,750円)

30,000円
(15,000円)

D5

169,000円以上 ~
265,000円未満

61,000円

58,000円

47,500円
(23,750円)

33,000円
(16,500円)

D6

265,000円以上 ~
301,000円未満

49,000円
(24,500円)

35,000円
(17,500円)

D7

301,000円以上 ~
397,000円未満

80,000円

77,000円

56,000円
(28,000円)

36,000円
(18,000円)

D8

397,000円以上

104,000円

101,000円

58,000円
(29,000円)

38,000円
(19,000円)

※(  )内の料金は、2人目の場合の半額料金です。

<備考>
1 保育料の階層は父母およびその他の扶養義務者(家計の主催者である場合に限ります)の市町村民税所得割額の合計で決まります。
2 毎年9月が保育料の切り替え時期となります。4月から8月までは前年度(26年度)の税額に基づく保育料で、9月から3月までは当年度の税額に基づく保育料となります。
3 税額を計算するときには、寄附金税額控除、外国税額控除、配当控除、住宅借入金特別税額控除等(調整控除以外)の控除は適用になりません。
4 B階層、C階層のひとり親等世帯とは、ひとり親世帯、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者を有する世帯、特別児童扶養手当の支給対象児、国民年金の障害基礎年金等の受給者を有する世帯です。
5 小学校就学前の範囲において、保育所、認定こども園、幼稚園、特別支援学校幼稚部、情緒障害児短期治療施設通所部、児童発達支援及び医療型児童発達支援を同時に利用する最年長の子どもから順に2人目の保育料は半額、3人目以降は無料となります。また、小学校3年生までのお子さんから数えて3人目以降の保育料も無料となります。
  兄姉が幼稚園に在園している場合は在園証明書(市所定の様式)を提出してください。
6 月の途中に認定こども園(保育園部分)、保育所に入園又は退園された方は、在籍日数に応じた保育料となります。[その月の保育料=保育料(月額)×在籍日数÷25日]
7 お子さんが満3歳を迎えると、年度途中に3号認定から2号認定に切り替わりますが、その年度の保育料は3歳未満の保育料のままです。
8 延長保育料は各保育所、認定こども園で定めています。詳しくは直接利用施設にお問い合わせください。
9 市民税の修正申告を行った場合や、婚姻、離婚等の世帯構成が変更になった場合は、保育料階層区分が変更となる場合があるので、すみやかにご連絡ください。

ページの先頭へ戻る


平成27年度米沢市特定教育・保育施設等保育料

【2・3号認定/短時間】

平成27年4月1日から

児童の属する世帯の階層区分

国の基準

保育料

3歳未満

3歳以上

3歳未満

3歳以上

生活保護世帯

0円

0円

0円

0円

市町村民税非課税世帯
(ひとり親世帯等)

9,000円

6,000円

0円

0円

市町村民税非課税世帯
(上記以外の世帯)

5,100円
(2,550円)

2,900円
(1,450円)

市町村民税所得割課税世帯

市町村民税所得割課税額
48,600円未満の世帯
(ひとり親等世帯)

19,300円

16,300円

14,100円
(7,050円)

10,300円
(5,150円)

48,600円未満の世帯
(上記以外の世帯)

15,000円
(7,500円)

11,300円
(5,650円)

D1

 市町村民税所得割課税額
48,600円以上 ~
75,000円未満

29,600円

26,600円

20,400円
(10,200円)

18,900円
(9,450円)

D2

75,000円以上 ~
97,000円未満

25,200円
(12,600円)

22,800円
(11,400円)

D3

97,000円以上 ~
130,000円未満

43,900円

40,900円

34,000円
(17,000円)

28,100円
(14,050円)

D4

130,000円以上 ~
169,000円未満

38,300円
(19,150円)

29,100円
(14,550円)

D5

169,000円以上 ~
265,000円未満

60,100円

57,100円

46,100円
(23,050円)

32,000円
(16,000円)

D6

265,000円以上 ~
301,000円未満

47,500円
(23,750円)

34,000円
(17,000円)

D7

301,000円以上 ~
397,000円未満

78,800円

75,800円

54,300円
(27,150円)

34,900円
(17,450円)

D8

397,000円以上

102,400円

99,400円

56,300円
(28,150円)

36,900円
(18,450円)

※(  )内の料金は、2人目の場合の半額料金です。

<備考>
1 保育料の階層は父母およびその他の扶養義務者(家計の主催者である場合に限ります)の市町村民税所得割額の合計で決まります。
2 毎年9月が保育料の切り替え時期となります。4月から8月までは前年度(26年度)の税額に基づく保育料で、9月から3月までは当年度の税額に基づく保育料となります。
3 税額を計算するときには、寄附金税額控除、外国税額控除、配当控除、住宅借入金特別税額控除等(調整控除以外)の控除は適用になりません。
4 B階層、C階層のひとり親等世帯とは、ひとり親世帯、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者を有する世帯、特別児童扶養手当の支給対象児、国民年金の障害基礎年金等の受給者を有する世帯です。
5 小学校就学前の範囲において、保育所、認定こども園、幼稚園、特別支援学校幼稚部、情緒障害児短期治療施設通所部、児童発達支援及び医療型児童発達支援を同時に利用する最年長の子どもから順に2人目の保育料は半額、3人目以降は無料となります。また、小学校3年生までのお子さんから数えて3人目以降の保育料も無料となります。
  兄姉が幼稚園に在園している場合は在園証明書(市所定の様式)を提出してください。
6 月の途中に認定こども園(保育園部分)、保育所に入園又は退園された方は、在籍日数に応じた保育料となります。[その月の保育料=保育料(月額)×在籍日数÷25日]
7 お子さんが満3歳を迎えると、年度途中に3号認定から2号認定に切り替わりますが、その年度の保育料は3歳未満の保育料のままです。
8 延長保育料は各保育所、認定こども園で定めています。詳しくは直接利用施設にお問い合わせください。
9 市民税の修正申告を行った場合や、婚姻、離婚等の世帯構成が変更になった場合は、保育料階層区分が変更となる場合があるので、すみやかにご連絡ください。