直江兼続公没400回忌記念事業 



イベント画像


直江兼続の没400回忌を記念し、9月1日(土)13時00分から、菩提寺である林泉寺での墓前祭と、16時から東京第一ホテル米沢を会場に、長年米沢を訪れ研究を重ねている、歴史作家の今福匡氏を講師に迎え、記念講演会が開催されます。入場無料です。
期間
企画展示:平成30年4月20日(金)から9月30日(日)
法要と講演会:平成30年9月1日(土)
内容
企画展示「上杉・直江兼続ものがたり館」、法要記念講演会
会場・所在地
企画展示:上杉記念館(上杉記念館前警護棟)
〒992-0052山形県米沢市丸の内一丁目3-60
法要:林泉寺
〒992-0062山形県米沢市林泉寺一丁目2-3
講演会:東京第一ホテル米沢
〒992-0045山形県米沢市中央一丁目13-3
電話 0238-24-0411
主催・問合せ先
米澤直江會
電話 0238-22-0317((株)小泉創芸内:小泉)

イベントの様子

イベントの様子1
イベントの様子2
イベントの様子3
イベントの様子4
イベントの様子5
イベントの様子6
イベントの様子7
イベントの様子8

イベントレポート

上杉景勝に側近として仕えた米沢藩の執政直江兼続の400回忌法要が、菩提寺である林泉寺で開催され、市内外から多くの方が参列し、遺徳を偲びました。

同日夕方からは、東京第一ホテルを会場に、歴史作家の今福 匡氏を講師に、「直江兼続はいかに語られてきたか」と題した記念講演会が開催され、江戸時代から近代にかけて民に直江兼続の名がどのように伝えられてきたかを時代の背景と共に講演されました。