【過重労働による健康障害を防ぐために】

労働時間等の現状

全国的な労働時間の現状を見ると、週の労働時間が60時間以上の労働者の割合は近年低下傾向であるものの、未だ長時間労働の実態がみられます。
また、脳・心臓疾患に係る労災支給決定件数についても依然として高い水準で推移するなど、過重労働による健康障害も多い状況にあります。

過重労働と健康障害の関連性

長時間にわたる過重な労働は疲労の蓄積をもたらす最も重要な要因です。具体的には、時間外・休日労働が月45時間を超えて長くなるほど、業務と脳・心臓疾患の発症との関連性が高まります。

厚生労働省では、下記のとおり労働時間などの相談に対応しています。
詳しくは下記リンク先(厚生労働省ホームページ)をご覧ください。

労働条件相談ほっとライン(従業員・事業主向け)

夜間・土日に電話相談を受け付けています。
17時から22時(月・火・木・金)
10時から17時(土・日)
電話 0120-811-610

労働条件相談ほっとラインについてはこちら

労働時間相談・支援コーナー(中小企業事業主向け)

窓口相談・電話相談どちらも受け付けています。
8時30分から17時15分(土・日・祝除く)
電話 0238-23-7120(米沢労働基準監督署)

労働時間相談・支援コーナーについてはこちら

このページの作成・発信部署

産業部商工課

(企業立地推進室、商業振興担当、工業労政担当、企業立地推進担当)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-24-4541
メールアドレス:syouko-ka@city.yonezawa.yamagata.jp