【自立支援医療(更生医療)】

内容

身体障害者手帳を所持している18歳以上の方で、手術などにより、障がいが改善又は、機能の維持が保たれる見込みがある場合、その医療費の一部が助成されます。
対象となる治療例
ペースメーカーの植え込み、人工透析、腎移植、肝移植、人工関節置換術、免疫療法など

申請に必要なもの

  • 申請書
  • 閲覧承諾書
  • 意見書、明細書
  • 印鑑
  • 健康保険証(コピーでも可)
  • 個人番号(マイナンバー)の確認書類…同一保険加入者分
  • 特定疾病療養受領証(コピー可)※人工透析をされている方のみ
  • 受給している年金額が分かるもの(年金振込通知書、振込がある通帳等の写し)
    ※障害年金や遺族年金を受給されている方のみ

変更手続き

受給者証の記載事項に変更があるときは、受給者証、保険証、印鑑を持参の上社会福祉課で届出をしてください。ただし、治療内容、又は、医療機関の変更がある場合は、意見書と明細書の添付が必要です。

このページの作成・発信部署

健康福祉部社会福祉課

(障がい者支援室、総務企画担当、生活福祉担当、障がい福祉担当、障がい児支援担当)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-21-1600
メールアドレス:syahuku-ka@city.yonezawa.yamagata.jp