後期高齢者医療制度Q&A

後期高齢者医療制度Q&A

後期高齢者医療制度に関してよくある質問にお答えします。

Q1.今年で75歳になりますが、後期高齢者医療の手続きは必要ですか?

A1.いいえ。必要ありません。75歳以上の方は自動的に後期高齢者医療の被保険者となります(障がいを持つ人は、申請し認定されれば65歳から該当)。75歳の誕生日までに保険証が届きますので、75歳の誕生日以降はその保険証をお使いください。


Q2.支払った医療費が多かったので、高額医療費の申請をしたいのですが。

A2.医療費が1ヶ月ごとの限度額を超えた場合、申請により超えた分をお返しします(限度額は所得により変わります)。申請が必要な場合は山形県後期高齢者医療広域連合よりお知らせのはがきが届きますので、保険証・印鑑・振込口座の通帳を持参の上、市役所で申請を行ってください。一度申請を行い、振込口座を登録すると2回目以降の申請は不要となります。


Q3.入院することになったのですが、医療費が心配です。

A3.負担割合が1割で市民税非課税の人は、申請し認められた場合に、医療費と食事代が安くなる「減額認定証」を交付する制度があります。詳しくは担当までお問い合わせください。


Q4.保険証を紛失してしまいました。

A4.市役所で再発行しますので、氏名、生年月日、住所が確認できるものをご持参ください。


                       問合せ先:国保年金課高齢者医療担当 内線3406・3407