【空家等対策の推進に関する特別措置法の施行について】

空家等対策の推進に関する特別措置法が施行されました

 この法律に基づいて、居住その他の使用がなされていないことが常態であり、保安上、景観上、衛生上等の問題がある「特定空家等」と市が判断したものに、助言・指導・勧告・命令がなされる場合があります。「特定空家等」が除却や修繕等の勧告を受けると、土地の固定資産税について住宅用地特例の対象から除外され、固定資産税が高くなります。また、命令に違反した場合には50万円以下の過料に処せられます。

 また、人が住んでいる家屋でも、危険な状態になっている場合は、米沢市家屋等の安全管理条例(平成25年10月1日施行)に基づき、助言・指導・勧告を行い、改善されない場合には、所有者等の氏名や連絡先を表示した標識を掲示する場合もあります。雪や強風等で、事故が発生した場合、所有者(管理者)の責任として民事等で処罰の対象となる可能性がありますので、家屋の適切な管理をお願いいたします。

空家等対策の推進に関する特別措置法 国土交通省ホームページ(外部リンク)

米沢市家屋等の安全管理に関する条例 本文(PDF)

このページの作成・発信部署

建設部都市整備課

(営繕室、都市政策担当、公園緑地担当、建築住宅担当、空き家対策担当、営繕担当)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-24-4541
メールアドレス:tosei-ka@city.yonezawa.yamagata.jp