視聴覚センター

視聴覚センターの利用について 

 
!お知らせ
平成28年4月1日から、貸出受付の窓口が置賜総合文化センターの4階から1階の受付に変わります。
お問い合わせの電話番号、その他貸出方法等に変更ございません。


開館時間(受付時間)

月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
 (土曜日、日曜日、国民の休日に関する法律に定める休日、年末年始を除く)
 


 


視聴覚機材・教材の利用

視聴覚センターでは視聴覚機材や教材を購入・貸出しており、講習会や発表会などの市民の様々な活動でご利用いただいております。

◆ 機材
について ◆

 視聴覚機材を貸出しています。
 当センターの貸出機材・教材は でご利用いただけます。

  プロジェクターとケーブルのつなぎ方


【ご利用までの流れ】

電話による問い合わせ 申請書の記入 →  機材の利用

1.事前に電話で
問い合わせ
TEL:0238-21-6111(代)

 

2.申請書の記入
(当日でも可)

 

3.機材の利用
(返却)



  貸出機材一覧はこちら

  【利用期間】 原則4日間以内 (それ以上の期間借用したい場合は、ご相談ください。)
 
※営利を目的とする活動には貸出できません。
(セールや販促会、商品の販売を目的とする営業活動など)
※16ミリ映写機及びスライド映写機を利用する場合は、米沢市視聴覚センターが発行する「視聴覚機材操作許可証」やその他の同等の操作技術を有することを証明するものが必要です。
※機材は全て屋内用です。

 

 
◆ 教材について ◆
 
視聴覚センターには、16ミリフィルムなどの古い映像作品が保存してあります。
郷土資料についてはDVD化を進めており、皆さまがご利用しやすいようにしています。

*貸出教材について* 

区 分

内 容

16ミリフィルム   分類別タイトル一覧(PDF
 ①交通安全  ②郷土資料(山形に関するもの)
 ③アニメ・子供向け
 ④物語(学校向け) ⑤物語(社会・高齢者)
 ⑥教育教材
CD  タイトル一覧(PDF
 地域映像教材 DVD
(視聴覚センター制作)
 タイトル一覧(PDF
 郷土映像資料
(昔の米沢・山形の映像)

 タイトル一覧(PDF
昔の16ミリフィルム・スライド写真のうち、郷土に関わるものをDVD化しました。




イベントの開催

平成28年度開催予定のイベントをお知らせいたします。

現在は、特にございません。 


地域映像資料制作について(視聴覚センター制作教材)

小中学校で使用している道徳の副読本「ふるさと米沢の心」の題材をわかりやすく映像化した資料のほか、歴史や文化をはじめ、本市の特性についての映像教材を制作しています。
これまで制作した教材(ビデオテープ・DVD)は、視聴覚センターでご覧になれます。また市内の小中学校、コミュニティセンターにも配布しています。

 地域映像教材DVDはこちら

 

 


自作視聴覚教材コンクール

学校教育や社会教育のための自作視聴覚教材作品のコンクールを行います。置賜地区での優秀作品は県のコンクールに出品し、優秀な作品はさらに全国コンクールにも出品されます。

毎年6月頃~10月頃に作品を募集し、12月には表彰式・作品鑑賞会も行っています。

平成27年度の応募要領・用紙はこちら
これまでのコンクール応募作品(米沢市の制作者)一覧はこちら

 


東南置賜地区視聴覚教育協議会(平成28年3月末日で廃止となります)

米沢市と南陽市、高畠町、川西町の2市2町は、東南置賜地区における視聴覚教育の振興のための協議会を組織しておりましたが、平成27年度(平成28年3月31日)をもちまして、廃止することとなりました。

【平成27年度の主な活動】
○視聴覚機材・教材の整備と貸出
○置賜地区自作視聴覚教材コンクールの開催
○視聴覚報(活動報告)の発行 
(過去の視聴覚報 PDF) 
  第25号  第26号  第27号  第28号  第29号
  第30号  第31号  第32号  第33号  第34号

  


お問合わせ
米沢市教育委員会 教育管理部 文化課

視聴覚担当 内線 7550
〒992-0012 米沢市金池三丁目1番14号 置賜総合文化センター4階
Tel 0238‐21‐6111 Fax 0238‐21‐6020
Eメール bunka-ka@city.yonezawa.yamagata.jp