【特定創業支援事業】

特定創業支援事業とは

創業を希望される方への継続的な支援で、創業に必要な4分野の知識(経営・財務・人材育成・販路開拓)がすべて身につく事業をいいます。

米沢市の特定創業支援事業

今年度の事業内容「よねざわ創業塾」(前期)(後期)
創業の専門家を講師に迎え、全5回のコースで4分野の知識を学ぶことができます。
※詳しくは、創業塾のページへ。

特定創業支援事業を受けた方への支援

特定創業支援事業を受けた方は、国による下記の支援を受けることができます。

  1. 創業前の個人が株式会社を設立する際の登録免許税が半額に軽減されます。
  2. 通常、創業の2か月前から対象となる創業関連保証が創業6か月前から利用できます。
  3. 日本政策金融公庫新創業融資制度における自己資金要件が充足したものとみなされます。
  4. 日本政策金融公庫新規開業資金において、基準利率より低利で融資を受けることができます。(※別途、融資の審査があります。)

※登録免許税の軽減は、創業前の個人が対象のため、創業後の個人や個人事業主の法人成りは対象外となります。

特定創業支援を受けたことの証明書について

市は、特定創業支援事業を受けた方に対し、申請に基づき、創業支援事業者に支援内容を確認の上、証明書を発行します。(申請受付から証明書の交付まで、通常3日から7日程度かかります。)

このページの作成・発信部署

産業部商工課

(企業立地推進室、商業振興担当、工業労政担当、企業立地推進担当)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-24-4541
メールアドレス:syouko-ka@city.yonezawa.yamagata.jp