野焼き(野外での廃棄物焼却)は禁止されています
 ごみの野焼き(野外焼却)は禁止です! 

 平成13年4月1日から、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の改正により、ごみの野焼き(野外焼却)は一部の例外を除いて法律で禁止されています。
 ドラム缶などを使用した野焼きが後を絶ちません。タイヤやプラスチック等を燃やす悪質な事例も発生しています。

ごみの野焼きを行った場合、罰則(懲役・罰金)の対象となります。
※罰則:5年以下の懲役もしくは 1,000万円以下の罰金、又はこの併科

           【市内で発生した悪質な野焼き現場】
     

    
野焼き行為は、住宅環境に多大な影響を及ぼします

市役所に多くの声(苦情)が寄せられます。自分の身になって考えてみてください。
 「近所でごみを燃やす人がいて、臭いがつくため洗濯物が干せない。」
 「煙たくて窓が開けられない。」
 「煙が部屋の中まで入ってきて、家の中がくさい。」
 「煙で気分が悪くなってしまう。」
 「子供のぜんそくが再発する。」

 周辺の環境保全や火災予防、住民の健康を守るためにも、ごみの処理に関する正しい知識を持ち、きれいで住みよい環境を作り上げていきましょう。

 なお、ごみの処理については「家庭のごみと資源物の分け方・出し方」の冊子または市のホームページを参考にしてください。


 

野焼き禁止の例外

 次の方法による場合は、例外として扱われます。
 ただし、この例外に該当する場合でも、改善命令等の行政指導の対象となる事例の場合、焼却を中止していただくこともありますので、十分注意してください。
 なお、野焼きの例外行為を行う場合は、次項の留意事項を熟読ください。

1.国または地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却    例:河川管理者が河川管理のために伐採した草木等の焼却
   海岸管理者が海岸管理のために回収した漂着物等の焼却

2.震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対策または復旧のために必要な廃棄物の焼却
 
例:災害時や災害復旧時の木くず等の焼却
   凍霜害防止のための稲わら等の焼却
   火災予防訓練時の模擬火災等の焼却
   道路管理者が道路管理のために剪定した草木等の焼却

3.風俗習慣上または宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却
 例:古札焼納祭やさいと焼き等の地域の行事における不用となったお札やしめ縄等の焼却

4.農業、林業または漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却
 例:農業者が農地管理または害虫駆除のために行う稲わらや農作物残さ、あぜ道や用排水路等を除草した刈草等の焼却
   林業者が行う伐採した枝の焼却
   漁業者が行う魚網に付着した海産物や流木等の焼却

5.日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの
 例:風呂焚きや暖をとるための薪や木くずの焼却
   芋煮会、バーベキュー、キャンプファイヤー等での薪や木くずの焼却



野焼きの例外行為に対する留意事項
  1. 例外行為であっても、野焼きを行う場合は、火災に十分留意して消火をするまでその場を離れないでください。
  2. 周囲の住宅環境に配慮して苦情が出ないように努めてください。
  3. 野焼きの例外行為による焼却は、あくまでも例外であることを十分認識していただき、やむを得ず軽微な焼却をする場合は、次のことに十分注意してください。
    ① 煙の量やニオイが近所の迷惑にならない程度の少量にとどめる。
    ② 風向きや強さ、時間帯を考慮する。
    ③ 草木などはよく乾かし煙の発生量を抑える。
    ④ ご近所の理解を得て迷惑にならないようにする。


野焼きの例外行為であっても行政指導の対象となる事例

  1. 周囲の住宅環境に影響を及ぼしている場合(家の中に煙が入ってきて困る、灰や臭いが洗濯物に付いて困る等の苦情があった場合)
  2. 道路が濃い煙に覆われ、交通事故等の危険性がある場合
  3. 例外行為に便乗して、廃プラスチック、廃ビニール等の廃棄物を焼却した場合(罰則の対象にもなります。)

問合せ先

 山形県置賜総合支庁保健福祉環境部 環境課 0238-26-6034
 米沢市市民環境部 環境生活課 0238-22-5111 内線3303,3304