【消費者見守りサポーター養成講座】

(令和元年8月8日更新)

あなたも“消費者見守りサポーター”になりませんか?

消費者見守りサポーターの役割は、高齢者の消費者被害に「気づき」、「声をかけ」、相談窓口に「つなぐ」ことです。

特別なことや難しいことをする必要はありません。日頃の生活や仕事の中で高齢者を見守り、消費者被害が疑われる際の声かけや、消費生活センターや地域包括支援センター等の相談窓口へつないでいただくことで、高齢者の消費者被害の早期発見と予防につながります。

消費者見守りサポーター

消費者見守りサポーター養成講座をご希望になられる方は、下記によりお申込みください。

内容

高齢者の消費者被害の現状や、身近な生活の中から消費者被害に「気づき」、「声をかけ」、「相談につなぐ」という具体的な流れをお伝えします。

3 1

すでに地域で、職場で、消費者見守りサポーターが養成されています。

時間

おおむね1時間

申込み

お申込みは5名以上でお願いします。費用は無料です。
受講された方全員に、サポーターの証となる「みどりんぐ」を差し上げます。
みどりんぐ
申込書はこちら【PDF】

このページの作成・発信部署

健康福祉部高齢福祉課

(事業管理係、介護認定給付係、高齢者福祉係、地域包括支援係)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-22-0498
メールアドレス:kouhuku-ka@city.yonezawa.yamagata.jp