市長の部屋へようこそ!

 ~平成30年の年頭にあたり~ 

米沢市長  米沢市長として市制をお預かりし、任期の折り返しとなる3年目を迎えます。市民の皆様とともに”飛躍の年米沢”に向け、今年も邁進してまいります。
 さて、昨年は、米沢牛の地理的表示(GI)保護制度登録、市立病院の精神科休止に伴う「米沢こころの病院」の開設、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けたホストタウン登録(香港)、念願の東北中央自動車道(福島~米沢間)の開通、オフィス・アルカディアへの企業誘致などがありました。また、耐震診断の結果を踏まえた新市庁舎の整備や、地域医療の確保に向けた市立病院と三友堂病院との医療連携のあり方などの検討を進め、方針を定めることができました。
 今年は、4月に「道の駅米沢」が開業します。本市はもとより、置賜全体の情報を発信し観光客の誘致に努めます。また、山形大学工学部の研究成果の製品化を目指す「有機材料システム事業創出センター」が操業を開始します。市内企業との連携、付加価値の高い製品開発に期待し、雇用の確立や企業誘致に努めます。さらに、今年は、直江兼続四百回忌、米沢発祥の帝人株式会社の創立百周年などにあたり、市民参加のもと市内外から多くのお客様をお迎えしたいと考えています。来年5月1日からは新天皇即位による新元号となり、我が国の新たな時代への幕開けとなるでしょう。本市においても、高速道路の開通により新時代を迎えた今、この機会を活かし将来を見据えたまちづくりに取り組んでいきます。
 そして、何より重要なことは”一人一人が元気で明るく生活できるまち米沢”の実現であります。そのためにも「健康長寿日本一」を目標に、市民一丸となった取り組みを推進してまいります。
  (平成30年1月)

米沢市長 中川 勝 

 

プロフィール
【生年月日】
昭和25年7月7日生

【略 歴】
山形県立米沢商業高等学校卒
昭和58年4月 米沢市議会議員初当選 連続5期20年を務める
平成 9年5月 米沢市議会議長
平成15年4月 県議会議員初当選 連続3期12年を務める
平成27年12月 第36代米沢市長に就任