高齢者肺炎球菌予防接種

 

 
高齢者肺炎球菌予防接種について
 
肺炎球菌感染症は、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。この菌は主に 気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。何らかのきっかけで進展する ことで、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こすことがあり、予防接種はこれらの発症を軽減するのに有効です。 
  • 対象者
    1. 次の年齢(生年月日)に該当する米沢市民でハガキが送付された人(すでに米沢市のワクチン 接種事業で接種を受けた方にはハガキは送付しません。)

      対象者(平成28年度) 

      生年月日 

      65歳となる人

       昭和26年4月2日生~昭和27年4月1日生

      70歳となる人

       昭和21年4月2日生~昭和22年4月1日生

      75歳となる人

       昭和16年4月2日生~昭和17年4月1日生

      80歳となる人

       昭和11年4月2日生~昭和12年4月1日生

      85歳となる人 

       昭和 6年4月2日生~昭和 7年4月1日生

      90歳となる人

       大正15年(昭和1年)4月2日生~大正15年4月1日生

      95歳となる人 

       大正10年4月2日生~大正11年4月1日生

      100歳となる人 

       大正 5年4月2日生~大正 6年4月1日生

    2. 60歳以上満65歳未満の人で、厚生労働省が定める心臓・腎臓もしくは呼吸器の機能、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障がいがある人 但し、以下の項目にあてはまる人は、対象になりません。
      肺炎球菌ワクチン接種に健康保険の適用を受けられる人(脾臓摘出手術を受けた人等)
      すでに肺炎球菌ワクチン(ポリサッカライド)の接種を受けたことがある人
      • 自己負担額/4,000円  接種の助成は生涯一回限りです  
        • 市内の>委託医療機関で接種した場合、4,000円で受けられます。
        • 市外(県内)の医療機関で接種を受ける場合は、自己負担額・実施期間が変わります。ご希望の医療機関に直接お問い合わせください。
        • 対象者のうち、生活保護を受給されている人は、接種の際、社会福祉課発行の「受給者証明書」を医療機関に提出してください。無料になります。
      • 委託医療機関/リンク先参照
      • 公費負担期間/平成28年4月1日~平成29年3月31日
      • 注意事項  
        1. 接種の際は、本人の意思確認が必要です。必ず健康保険証を持参してください。
        2. 医療機関によっては予約が必要な場合もありますので、事前にお問い合せください。
      • 問合せ先/健康課 健康企画担当  電話24-8181 内線204