お子さんの予防接種
    お子さんの予防接種    
       
定期予防接種は、接種年齢・回数・間隔が予防接種法で定められています。
該当月齢になったら速やかに接種しましょう。


 ○下の表にあてはまる予防接種は無料です。
 ○接種は指定医療機関で受けることができます(通年)。事前に予約をしてから受けてください。
 ○予診票は、医療機関においてあります。あらかじめ予診票がほしい方は健康課までご連絡ください。
 ○乳幼児は「予防接種と子どもの健康」をよく読んでから受けましょう。
 ○当日は、母子健康手帳と健康保険証を持参してください。
 ○体調が良い時に受け、当日は保護者が付き添ってください。
   

予防接種の種類

対象者

間隔

回数 

標準的な接種時期

ヒブ  初回

生後2月から生後60月(5歳)に至るまで

27日から56日の間隔をおく
           
 (注1)

 

3回

初回接種開始は、生後2月から7月に至るまで。
 追加 生後2月から生後60月(5歳)に至るまで 初回終了後、7月から13月までの間隔をおく       (注1)  1回          
 

 ※開始が生後7月に至った日の翌日から生後12月に至るまでの間
  にある人
 [初回] 2回 27日から56日までの間隔をおく
 [追加] 1回 初回終了後7月から13月までの間隔をおく
                                      

 ※開始が生後12月に至った日の翌日から生後60月(5歳)に至るまでの間にある人 1回
小児用
肺炎球菌
 初回 生後2月から生後60月(5歳)に至るまで 27日以上の間隔をおく  3回 初回接種開始は、生後2月から7月に至るまで。
(初回は生後12月に至るまでに終了すること)
 追加 生後2月から生後60月(5歳)に至るまで 初回終了後60日以上の間隔をおく  1回 生後12月から生後15月に至るまで    
   開始が生後7月に至った日の翌日から生後12月に至るまでの間
    にある人

   [初回] 2回 27日以上の間隔をおく
 [追加] 1回 生後12月以降に初回終了後60日以上の間隔をおく
  
 ※開始が生後12月に至った日の翌日から生後24月(2歳)に至るまでの間にある人  2回 60日以上の間隔をおく
 ※開始が生後24月(2歳)に至った日の翌日から生後60月(5歳)に至るまでの間にある人 1回
 B型肝炎
(注1)
 平成28年4月1日以後に生まれた1歳未満  27日以上の間隔をおいて2回接種した後、第1回目の注射から139日以上の間隔をおいて1回  3回 生後2月から生後9月に至るまで 
BCG  
歳に至るまで
   1 生後5月から生後8月に達するまで
 水痘
(注2)
 
生後12月から36月に至るまでの間
 3月以上の間隔をおく(標準的接種間隔は6月から12月)  2回  1回目の接種は生後12月から15月に至るまで
四種混合

 ジフテリア

 百日せき

 破傷風 

 ポリオ

 

 1期
 初回
生後3月から生後90月(7歳6月)に至るまで 20日から56日までの間隔をおく (注1)  3 生後3月から生後12月に達するまで

 1期

 追加

生後3月から生後90月(7歳6月)に至るまで 1期初回終了後6月以上の間隔をおく  1 初回終了後12月から18月に達するまでの間
二種混合

 ジフテリア

 破傷風

2期

11歳以上13歳未満
 
   1 11歳に達した時から12歳に達するまで
(小学6年生)
麻しん・風しん

(麻しん風しん 混合)

 1期 生後12月(1歳)から24月(2歳)に至るまで    1  
 2期

小学校就学前の1年間
(平成23年4月2日~
    平成24年4月1 日生)
(年長児相当)

   1  
日本脳炎  1期
 初回
生後6月から生後90月(7歳6月)に至るまで 6日から28日までの間隔をおく (注1)  2 3歳に達した時から4歳に達するまで
 1期
 追加
生後6月から生後90月(7歳6月)に至るまで 1期初回終了後6月以上、標準的にはおおむね1年後  1回 4歳に達した時から5歳に達するまで
 2期 9歳以上13歳未満    1 9歳に達した時から10歳に達するまで
ヒトパピローマウイルス
(子宮頸がん 予防)
 
小学6年生~
 高校1年生相当
 
ワクチンの種類によって接種間隔が異なります。
 下記の別表をご参照ください。
 3 平成16年4月2日~
平成17年4月1日生
(中学1年生)

(注1)母子感染予防のために抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合は、健康保険が適用されるため、定期接種の対象外になります。
平成28年10月1日より前に任意で接種した方は、残りの回数を接種して下さい。
(注2)すでに水痘のかかった人は定期接種を受けることができません。

○ワクチンの種類によって、接種間隔が異なります。
 

 ワクチン名

 ガーダシル
(組換え沈降4価ワクチン)
サーバリックス
(組換え沈降2価ワクチン) 
 2回目  1回目の接種から2か月の間隔をおいて接種。
 ※標準間隔で接種できない場合は1か月以上の間隔をおいて
  接種。
 1回目の接種から1か月の間隔をおいて接種。
 ※標準間隔で接種できない場合は1か月~2か月半の間隔を
  おいて接種。
 3回目  1回目の接種から6か月の間隔をおいて接種。
 ※標準間隔で接種できない場合は、2回目の接種から3か月
  以上の間隔をおいて接種。
 1回目の接種から6か月の間隔をおいて接種。
 ※標準間隔で接種できない場合は、5か月~12か月の間隔を
  おいて接種。
  備考    接種間隔には上限があり、医学的な理由がなく間隔
を超えた場合、定期接種になりません。