『免除』と『納付猶予』
『免除』と『納付猶予』

 

 経済的理由などにより保険料の納付が困難なときは、申請して認められると保険料の納付が免除となります。
 免除には『全額免除』、『半額免除』、『4分の1免除』、『4分の3免除』があります。
 また、所得の低い50歳未満の方には『納付猶予』もあります。 ただし、平成28年6月以前の期間は、30歳未満であった期間が対象となります。

 

■■注意■■

 

 『半額免除』の承認を受けても、半額分の保険料を納めていないと未納期間となってしまいますので、ご注意ください。
 『4分の1免除』、『4分の3免除』も同様にご注意ください。 

 

 『免除』および『納付猶予』期間の保険料は10年以内に後払いすることができます。
 ただし、3年度目以降は加算金がつきます。
 詳しくは、年金事務所にお問合せください。

 

 『免除』および『納付猶予』の承認は、日本年金機構で行います。
 申請して認められるまでの間は、保険料の納付を保留していただいても差し支えありませんが、
 日本年金機構より、文書や電話による納付の案内はされます。

 

 所得の確認について
 無職などで収入のなかった方でも、国民年金保険料の免除・納付猶予申請を行うためには住民税の申告が必要となります。
 また、住民税の申告相談は、各年1月1日現在の住民登録地市区町村で行います。
 各年1月1日現在、米沢市に住民登録がない場合は、住民登録のあった市区町村で相談してください。 

 

■■対象■■

 

 20歳以上60歳未満で納付が困難な人
 (納付猶予は20歳以上50歳未満で納付が困難な人)

 

■■持参するもの■■

 

 年金手帳、印鑑(スタンプ印以外)
 失業された場合は、雇用保険受給資格者証や雇用保険被保険者離職票など

 

■■窓口■■

 

 国保年金課年金担当(2階)

 

■■手続き後の事務処理■■

 

 日本年金機構から本人宛てに、
 『国民年金保険料免除・納付猶予申請承認通知書』又は
 『国民年金保険料免除・納付猶予申請却下通知書』が送付されます。

 

連絡先 国保年金課
電話番号  22-5111 
内線3404 年金担当