被保険者が死亡したとき
被保険者が死亡したとき(死亡一時金)

 

 第1号被保険者として保険料を3年以上納めた人が、老齢基礎年金または障害基礎年金のいずれも受けずに死亡したとき、生計を同じにしていた遺族に支給されます。
 ただし、その遺族が遺族基礎年金を受けられるときは支給されません。
 死亡一時金の額は次のとおりです。

 

保険料納付済期間 金  額

3年(36月)以上~15年(180月)未満

120,000円

15年(180月)以上~20年(240月)未満

145,000円

20年(240月)以上~25年(300月)未満

170,000円

25年(300月)以上~30年(360月)未満

220,000円

30年(360月)以上~35年(420月)未満

270,000円

35年(420月)以上

320,000円

 

■■対象■■

 

 死亡した被保険者と生計を同一にしていた遺族の中から、次の優先順位で請求者が決まります。

 

 1.配偶者
 2.子
 3.父母
 4.孫
 5.祖父母
 6.兄弟姉妹

 

■■持参するもの■■

 

 1.戸籍謄本または除籍謄本
  (被保険者の死亡記載のあるもの。
  その戸籍(または除籍)謄本で請求者との続柄の確認ができない場合は、続柄の確認ができる
  戸籍謄本も必要です。)
 2.住民票謄本(請求者の世帯全員分で本籍記載のあるもの)
 3.除住民票謄本(死亡した被保険者分で本籍記載のあるもの)
 4.請求者名義の預金通帳
 5.請求者の印鑑(スタンプ印以外)

 

■■窓口■■

 

 国保年金課年金担当(2階)

 

■■手続き後の事務処理■■

 

 死亡一時金の支払いは、日本年金機構が行います。
 詳しくは、年金事務所にお問合せください。

 

連絡先 国保年金課
電話番号  22-5111 
内線3404 年金担当