遺族基礎年金
遺族基礎年金

 

 一家の生計の担い手が亡くなったときに、要件を満たせば(子のある配偶者や子)が受けられる年金です。

 

■■注意■■

 

子について
 18歳になる年度の末日までの子か、20歳未満で国民年金法に定める1、2級の障害の状態にある子です。

 

■■対象■■

 

次のいずれかに該当する人が亡くなったとき
 1.国民年金加入中の人が亡くなったとき
 2.国民年金に加入したことのある60歳以上65歳未満の人で、日本に住所がある人が亡くなったとき
 3.老齢基礎年金を受けている人が亡くなったとき
 ※1.2の場合には、保険料の納付要件に該当していることが必要です。

 

遺族基礎年金を受けられる人
 A.子のある配偶者(18歳未満の子のない場合は受けられません)
 B.子
 ※AがBに優先して支給されます。

 

■■持参するもの■■

 

 請求内容等により異なりますので、窓口でご相談ください。

 

■■窓口■■

 

 死亡日が第1号被保険者期間中などにある人・・・国保年金課年金担当(2階)
 死亡日が第3号被保険者期間中にある人   ・・・年金事務所

 

■■手続き後の事務処理■■

 

 米沢市で受付した書類は、早急に日本年金機構に送付します。
 日本年金機構では、平成17年4月から主な給付について、実際にサービスが受けられるまでの所要日数を
 「サービススタンダード」として設定しています。
 このことにより、遺族基礎年金の裁定請求は、受付年月日から約2ヶ月以内に日本年金機構から本人宛に
 結果が通知されます。
 詳しくは、年金事務所にお問合せください。

 

連絡先 国保年金課
電話番号  22-5111 
内線3404 年金担当