国民年金の種類
国民年金の種類

 

 国民年金の被保険者(加入者)は職業などによって、次の3種類に分けられます。

 

■■第1号被保険者■■

 

●20歳以上60歳未満の日本国内に住所がある自営業、農林漁業、学生、無職の人など。
●次の事項を市役所に届け出てください。
 1.資格の取得及び喪失
 2.種別の変更
 3.氏名及び住所の変更
 ※住民票の届出(転入届、転居届又は転出届など)があったとき、その届出と同一の事由に基づく年金の届出があったものとみなされます。
 (ただし、届出の書面に基礎年金番号が附記されているときに限ります。)
●国民年金保険料は、日本年金機構から送られてくる国民年金保険料納付案内書で納めてください。

 

■■第2号被保険者■■

 

●会社員や公務員など厚生年金や共済組合の被用者年金制度に加入している人。
●各種届出の手続きは、勤務先で行います。
●第2号被保険者は第1号被保険者の喪失手続きをする必要はありません。
●厚生年金、共済年金の保険料は給料から天引きされ、国民年金保険料相当分は、被用者年金制度から拠出されます。

 

■■第3号被保険者■■

 

●第2号被保険者に扶養されている配偶者で20歳以上60歳未満の人。
●各種届出の手続きは、扶養している人の勤務先で行います。
●第3号被保険者は第1号被保険者の喪失手続きをする必要はありません。
●保険料は、配偶者が加入している被用者年金制度から、拠出金として拠出されますので、個別に納付する必要はありません。。
●扶養されていても届出をしていないと、第3号被保険者期間とならず未納期間や未加入期間となってしまいますのでご注意ください。

 

連絡先 国保年金課
電話番号  22-5111 
内線3404 年金担当