後期高齢者医療保険料について
後期高齢者医療制度
保険料
 

 

概要・対象者 自己負担額 お願い・その他
利用する 事故にあった時 保険料

後期高齢者医療保険料

 

■後期高齢者医療制度のすべての被保険者に保険料を納めていただきます。

 

■年金を年額18万円以上受給している人は、原則、年金から天引きになります。

 

■保険料は被保険者全員が均等に負担する均等割額と被保険者の所得に応じて負担する所得割額の合計になります。
   後期高齢者医療保険料=均等割額+所得割額 
    均等割額=41,700円
    所得割額=(前年の所得金額-33万円)×8.58%
    年間の賦課限度額=57万円 ※介護保険料と合わせた保険料額が、年金額の2分の1を超える場合は天引きの対象になりません。

 

後期高齢者医療保険料の納入方法

 

■特別徴収(後期高齢者医療保険料を年金から天引きにより納入する人)

 

■普通徴収(後期高齢者医療保険料を納付書で納入する人)
   一年間で8回(8期)に振り分けておさめていただきます。
   ※便利な口座振替のご利用をお勧めします。

 

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

納期

1期

2期

3期

4期

5期

6期

7期

8期

 

■保険料の納入は原則として本人の年金から天引きですが、口座振替による納入に変更することができます。

 

   変更方法=税務課税制係窓口へ申し出てください。

 

   持 ち 物 =後期高齢者医療被保険者証、預貯金の通帳、預貯金通帳の届出印

 

《お問合せ先》  山形県後期高齢者医療広域連合   TEL0237-84-7100
            〒991-0041 寒河江市大字寒河江字久保6番地
                 山形県後期高齢者医療広域連合ホームページ
                http://www.yamagata-kouki.jp/

 

 

← 前のページへ (最後のページです)
6/6

後期高齢者医療制度についての問い合わせは     保険料についてのお問合せは

 

国保年金課高齢者医療担当まで         総務部税務課税制係まで
22-5111 内線3406・3407    22-5111 内線2409、2410