制度概要と対象者について
後期高齢者医療制度

概要・対象者
 

概要・対象者 自己負担額 お願い・その他
利用する 事故にあった時 保険料

後期高齢者医療制度とは?

 

 75歳(一定程度の障がいがある人は65歳)以上になると、「後期高齢者医療制度」で医療機関にかかることになります。
 この制度は、高齢の人がお医者さんにかかるときの負担を軽くして、安心して医療を受けられるようにするため、平成20年4月1日から新しく始まった医療制度です。

後期高齢者医療制度の対象者

◇75歳以上の人
 75歳になった誕生日から対象となります。
 該当者には「後期高齢者医療被保険者証」を送付します。

◇65歳以上75歳未満の人
 65歳以上75歳未満で一定程度の障がいのある人は、山形県後期高齢者医療広域連合への障害認定申請により認定を受けた日以降から対象となります。

 

<一定程度の障がいのある人>
 (1)身体障害者手帳1級・2級・3級・4級の一部(※)
 (2)療育手帳A
 (3)障害基礎年金1級・2級
 (4)障害厚生年金1級・2級
 (5)障害共済年金1級・2級
 (6)精神障害者保健福祉手帳1級・2級
   ※「4級の一部」で該当する障がい
     ●音声、言語機能またはそしゃく機能の著しい障がい
     ●両下肢のすべての指を欠く
     ●1下肢の下腿2分の1以上を欠く
     ●1下肢の機能の著しい障がい
<申請に必要なもの>
 1.障がいの状態にあることが証明できるもの
   (身体障害者手帳、療育手帳、障害基礎年金証書、障害厚生年金証書、障害共済年金証書、精神障害者保健福祉手  
    帳など)
 2.健康保険証
 3.印鑑

 

 

(最初のページです) 次のページへ →
1/6

 

 
手続きについてのお問い合わせは

国保年金課高齢者医療担当まで
0238-22-5111
内線3406・3407
 


 
 各種申請書については

山形県後期高齢者医療広域連合 
0237-84-7100
山形県後期高齢者医療広域連合ホームページ http://www.yamagata-kouki.jp/