給付の内容
給付の内容

 

■■国保に加入すると、こんな給付がうけられます■■  
  こんなとき 受けられる給付 手続きに必要なもの




病気やケガをしたとき

訪問診療を受けたとき

給付割合と自己負担

区 分 自己
負担

義務教育就学前

2割

義務教育就学~70歳未満

3割

70歳以上75歳未満
(後期高齢者医療制度該当者は除く)

一般(誕生日が昭和19年4月1日までの方) 1割
一般(誕生日が昭和19年4月2日以降の方)  2割 
現役並み
所得者※
3割

※現役並み所得者とは、国保に加入している70歳以上の人のうち同じ世帯に住民税の課税標準額が145万円を超える人が1人でもいる人
詳細はこちらをご覧ください。

医療機関へ保険証(後期高齢者医療制度該当者を除く、70歳以上の人は、保険証と高齢受給者証)を提出してください。






コルセット等補装具、はり、灸、マッサージ等の施術行為
柔道整復師の施術行為

保険者負担分について払い戻しが受けられます。

医師の診断書、領収書、印鑑、世帯主の口座番号、保険証

保険証をもたずに治療を受けたとき

保険者負担分について払い戻しが受けられます。

領収書、診療報酬明細書、印鑑、世帯主の口座番号、保険証






入院時食事療養費

入院中の1日の食事にかかる費用のうち、1食につき360円を被保険者に負担していただきます。
●入院時の食事代の標準負担額

一般 1食 360円
住民税非課税世帯又は
70歳以上で低所得Ⅱの人
過去1年間の入院が90日以内 1食 210円
過去1年間の入院が91日以上 1食 160円
70歳以上で低所得Ⅰの人 1食 100円

住民税非課税世帯の人は手続きしてください。

印鑑
保険証

出産育児一時金

出産した人が国民健康保険に加入している場合、出産育児一時金として原則42万円が支給されます。産科医療補償制度に加入する病院などにおいて出産した場合に限ります。それ以外の場合は、40万4千円となります。

印鑑、保険証、世帯主の口座番号

葬祭費

被保険者が死亡したとき5万円が支給されます。

印鑑、保険証、葬祭を行った方の口座番号

 


連絡先 国保年金課 国保担当
電話番号 22-5111 
内線3401、3402、3403