国保のしくみ
国民健康保険のしくみ

 

 病気やケガは、いつ、わたしたちにふりかかるかわかりません。国民健康保険(以下、「国保」という。)は、安心してお医者さんにかかれるよういざというときに備える助けあいの制度です。
 家族みんなが、健康で明るい生活を送るために、わたしたちの国保を大切に育てていきましょう。

 

国保に加入するとき、やめるとき

 

■■国保に加入する人■■

  各職場の医療保険(健康保険協会・共済組合など)や後期高齢者医療制度に加入している人、生活保護を受けている人以外は、国保に加入します。
※国保加入者が、職場の医療保険に加入した場合は、必ず国保の資格喪失の手続きを行ってください。

 

■■保険証は1人に1枚■■

 国保に加入すると、1人に1枚の国民健康保険被保険者証(以下、「保険証」という。)が交付されます。

 

■■届出は14日以内に■■

 世帯主は、その家族の被保険者としての資格に異動があった時、14日以内に届け出をしましょう。

こんなとき 手続きに必要なもの







他の市区町村から転入してきたとき

他の市区町村の転出証明書、印かん、身分を証明するもの(免許証等)

職場の健康保険をやめたとき

職場の健康保険をやめた証明書、印かん

職場の健康保険の被扶養者でなくなったとき

被扶養者でなくなったことがわかる証明書、印かん

子どもが生まれたとき

保険証、母子健康手帳、印かん

生活保護を受けなくなったとき

保護廃止決定通知書、印かん







他の市区町村に転出するとき

保険証、印かん、身分を証明するもの(免許証等)

職場の健康保険に加入したとき

国保と職場の健康保険の両方の保険証(後者が未交付のときは加入したことを証明するもの)、印かん

職場の健康保険の被扶養者になったとき

国保の被保険者が死亡したとき

保険証、印かん

生活保護を受けるようになったとき

保険証、保護開始決定通知書、印かん



市区町村内で住所が変わったとき

保険証、身分を証明するもの(免許証等)印かん

世帯主や氏名が変わったとき

世帯が分かれたり、いっしょになったとき


修学のため、別に住所を定めるとき

保険証、在学証明書、印かん

保険証をなくしたとき(あるいは汚れて使えなくなったとき)

印かん、身分を証明するもの(免許証等)

 
●届け出には個人番号(マイナンバー)の記入が必要です。マイナンバーを証明するもの(通知カード等)とあわせて身分を証明するもの(免許証等)をご持参ください。
●届け出に必要なもの等、不明な点については市民課へお問い合わせください。

■■国保をやめる手続きを郵送で行うことができます■■

仕事などで窓口に来ることができない場合は、郵送での手続きも可能です。その際は必ず 市民課 記録担当 (電話番号 22-5111)まで事前にご相談ください。

手続きの詳細はこちらをご覧ください。
国民健康保険被保険者資格喪失届(郵送用)について【PDF】
資格喪失届(郵送用) 【PDF】



国保年金課
電話番号 22-5111 
内線3401~3403 国保担当