印鑑登録
印鑑登録

<印鑑登録の方法>

 ◆資格
 15歳以上で、米沢市の住民基本台帳に記録されている人。
 登録できる印鑑は、1人につき1個です。
 成年被後見人は、登録できません。

 

本人による申請
 申請場所 : 市民課 ▽申請に必要なもの
 1)登録しようとする印鑑
 2)身分を証明するもの(ア~ウのいずれか)
  ア.有効期間内のパスポートや運転免許証、官公署発行の顔写真付の身分証明書
  イ.米沢市で、すでに印鑑登録をしている人により申請者本人であることを保証された
   書面(保証人は、保証人の登録印鑑と印鑑登録証を持参し、必ず申請者本人と一緒
   においでください。)
  ウ.申請者本人と面識のある米沢市役所職員の証明書

 

身分を証明するものがない場合
 なりすまし等の事故を防ぐため、その場では印鑑登録証をお渡しできません。
 申請書提出後、本人であることを確認するために、本人のご自宅あてに照会書を郵送します。照会書を受け取ったら、指定期間内に必要事項を記入した回答書と申請した印鑑を、市民課に持参してください。印鑑登録証はそのときお渡しし、必要であればその場で印鑑登録証明書の申請ができます。

 

代理人による申請
 個人の財産を守り、なりすまし等の事故を防ぐため印鑑登録は本人が申請してください。
 やむをえず代理人により申請される場合は、登録の手続きに日数がかかりますので、あらかじめ問い合わせてください。

 

外国人は、通称登録の手続きが必要な場合もありますので、印鑑を作る前に、
あらかじめ登録できる印鑑について問い合わせてください。

 

<登録できる印鑑>

  1)住民基本台帳に記録されている氏名又は氏、名を表しているもの
  2)印影の鮮明なもの
  3)印影の大きさが一辺の長さ7ミリメートル以上、25ミリメートル以内のもの。
   四角、丸、だ円など形の制約はありません。

 

<登録できない印鑑>

   1)職業など氏名以外の事項を合わせて表しているもの
   2)ゴム印その他の印鑑で変形しやすいもの
   3)スタンプ形式で朱肉を使わないもの
   4)印影の大きさが一辺の長さ25ミリメートルの正方形に収まらないもの、
    又は最小の直径が7ミリメートルに満たないもの
   5)欠けていたり、すり減っていたりして氏名を判断しにくいもの
   6)本人以外の氏と名を組み合わせたもので、本人のものと確認しがたいもの
   7)印影の照合が困難なもの
   8)縁がないもの、はなはだしく縁が欠けたもの
   9)指輪やアクセサリーに刻印したもの
  10)ひらかなやカタカナを変体文字で表したもの
  11)印鑑の形態を確認できないもの
  12)その他登録印鑑として適当でないもの

 

<印鑑登録証明書が必要なとき>
  印鑑登録証を必ず持参し、市民課で申請してください。

  印鑑登録をしていない場合は、登録後に申請してください。 

本人による申請の場合
 必ず印鑑登録証を持参してください。(実印は不要です。)

 

代理人による申請の場合
 必要な方の印鑑登録証のほか、代理人の印鑑(認印)を持参してください。
 この場合、本人は代理人に対して確実に住所・氏名・生年月日を伝えてください。

 

<印鑑登録の廃止・改印>
 以下の場合には、印鑑登録証を添えて印鑑登録廃止届を市民課に提出してください。
 なお、代理人による届出のときは委任状が必要です。
 再び登録する場合は、初めて登録するときと同じ手続きになります。

 

 1)印鑑登録そのものを廃止するとき
 2)登録してある印鑑を変更するとき
 3)登録してある印鑑を紛失したとき

 

<印鑑登録証亡失届>
 印鑑登録証を紛失したときは、印鑑登録証亡失届を市民課に提出してください。
 代理人による届出のときは委任状が必要です。
 

 

【問い合わせ】市民課記録担当