【社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)】

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の概要

 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)は、住民票を有するすべての方に1人1つの12桁の番号(マイナンバー)を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するための基盤であり、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための制度です。

詳しくは、以下の内閣官房のホームページをご覧ください。

 社会保障・税番号制度(内閣官房のホームページ)(外部サイト)

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入により期待される効果

 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入により期待される効果として、以下の3つがあげられます。

  1. 行政の効率化
  2. 利便性の向上
  3. 公平・公正な社会の実現

マイナンバーが利用される場面

 マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の行政手続きで利用されます。このため、年金・雇用保険・医療保険の手続き、生活保護・児童手当その他福祉の給付、確定申告等の税の手続き等で、申請書等にマイナンバーの記載が求められます。

【社会保障分野】

  • 年金の資格取得・確認、給付
  • 雇用保険の資格取得・確認、給付
  • ハローワークの事務
  • 医療保険の保険料徴収
  • 福祉分野の給付、生活保護   など

【税分野】

  • 税務当局に提出する確定申告書、届出書、調書等に記載
  • 税務当局の内部事務   など

【災害対策分野】

  • 被災者生活再建支援金の支給
  • 被災者台帳の作成事務   など

マイナンバー制度における情報連携の本格運用が始まりました

 平成28年1月から利用を開始しているマイナンバー(個人番号)制度において、国や地方自治体などの間で、住民票情報や課税情報、各種資格情報などの照会および提供(情報連携)の本格運用が平成29年11月13日から始まっています。
 これにより、これまで市民のみなさんが各種事務手続で提出する必要があった書類を省略することができるようになりました。
 情報連携可能な事務手続や省略できる添付書類などの詳細については、本市各申請窓口へ確認いただくか、内閣府「社会保障・税番号制度」のウェブサイトをご覧ください。

 内閣府「社会保障・税番号制度」のウェブサイト(外部サイト)

各事務に関する説明

 米沢市では、社会保障・税番号制度に関する各事務の説明を掲載していますので、下記項目よりご覧ください。

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)に関する問い合わせ

 内閣府では、一般の方や民間事業者の方からの問い合わせに対応するため、コールセンターを以下のとおり開設しております。ご質問等がございましたら、コールセンターまでお問い合わせください。

マイナンバー総合フリーダイヤル

【電話番号】 0120-95-0178(無料)

 ※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)

  ・マイナンバー制度に関すること
   【電話番号】 050-3816-9405

  ・「通知カード」「個人番号カード」に関すること
   【電話番号】 050-3818-1250

 ※英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のフリーダイヤル

  ・マイナンバー制度に関すること
   【電話番号】 0120-0178-26

  ・「通知カード」「個人番号カード」に関すること
   【電話番号】 0120-0178-27

【対応時間】 平日9時30分から20時00分、土日祝9時30分から17時30分

法人番号について

【電話番号】 0570-033-161(有料)

【対応時間】 平日8時45分から18時00分

このページの作成・発信部署

企画調整部総合政策課

(中心市街地活性化推進室、学園都市推進室、企画調整担当、経営政策担当、情報システム担当、統計調査担当、地域振興担当、若者支援担当)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-22-0498
メールアドレス:seisaku-ka@city.yonezawa.yamagata.jp(代表)