【こどもの予防接種】

 定期予防接種は、接種年齢・回数・間隔が予防接種法で定められています。
 該当月齢になったら速やかに接種しましょう。

  • 下の表にあてはまる予防接種は無料です。
  • 接種は、指定医療機関(PDF)で受けることができます(通年)。事前に予約をしてから受けてください。
  • 予診票は、医療機関にあります。あらかじめ予診票が必要な方は健康課までご連絡ください。
  • 乳幼児は「予防接種と子どもの健康」をよく読んでから受けましょう。
  • 当日は、母子健康手帳と健康保険証を持参してください。
予防接種の種類 対象者 間隔 回数 標準的な接種時期
ヒブ(初回)※1 生後2か月から1歳の誕生日の前日まで 27日以上の間隔をあけて 3回 初回接種開始は生後2か月から7か月になるまで
ヒブ(追加)※1 生後2か月の誕生日の前日まで 初回終了後7か月以上の間隔をあけて 1回 初回終了後7か月から13か月になるまで
小児用肺炎球菌(初回)※1 生後2か月から1歳の誕生日の前日まで 27日以上の間隔をあけて 3回 初回接種開始は生後2か月から7か月になるまで
小児用肺炎球菌(追加)※1 1歳の誕生日の前日から5歳の誕生日の前日まで 初回終了後60日以上の間隔をあけて 1回 生後12か月から15か月になるまで
BCG 1歳になるまで 1回 生後5か月から8か月の時期
四種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ)(1期初回) 生後3か月から7歳6か月の誕生日の前日まで 20日以上の間隔をあけて 3回 生後3か月から1歳になるまで
四種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ)(1期追加) 生後3か月から7歳6か月の誕生日の前日まで 1期初回終了後6か月以上の間隔をあけて 1回 初回終了後12か月から18か月になるまで
二種混合(ジフテリア、破傷風)(2期) 11歳以上13歳未満 1回 11歳
麻しん・風しん(1期) 1歳 1回
麻しん・風しん(2期) 小学校就学前の1年間(年長児相当) 1回
日本脳炎(1期初回)※2 生後6か月から7歳6か月になるまで 6日以上の間隔をあけて 2回 3歳
日本脳炎(1期追加)※2 生後6か月から7歳6か月になるまで 1期初回終了後6か月以上の間隔をあけて 1回 4歳
日本脳炎(2期)※2 9歳から13歳未満 1回 9歳
B型肝炎(初回)※3 1歳未満 27日以上の間隔をあけて 2回 生後2か月から9か月になるまで
B型肝炎(追加)※3 1歳未満 1回目の注射から139日以上の間隔をあけて 1回 生後2か月から9か月になるまで
水痘 1歳から3歳の誕生日の前日 1回目の接種から3か月以上の間隔をあけて(標準的には1回目接種後、6か月から12か月までの間隔をあけて) 2回 1回目接種開始は、生後12か月から15か月になるまで
子宮頸がん
ヒトパピローマウイルス感染症※4
小学校6年生から高校1年生(女子) サーバリックス
(2回目:1回目から1か月後)
(3回目:1回目から6か月後)
ガーダシル
(2回目:1回目から2か月後)
(3回目:1回目から6か月後)
3回 中学校1年生(女子)

※1:接種を2か月から7か月未満に開始した場合の表です。この期間に接種を開始しない場合は回数などが異なります。
※2:平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれで、かつ20歳未満の方は特例が設けられ、20歳になるまでに全4回のうち不足した回数分を接種できます。ただし2期は9歳以降。日本脳炎予防接種の特例対象者について(PDF)
※3:平成28年4月1日以降に生まれた方に限ります。
※4:子宮頸がん予防接種について詳しくは厚生労働省ホームページ(外部リンク)または山形県ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

このページの作成・発信部署

健康福祉部健康課(すこやかセンター)

(健康企画担当、成人保健担当、母子保健担当)

〒992-0059 山形県米沢市西大通一丁目5番60号[地図]
電話:0238-24-8181 FAX:0238-24-5050
メールアドレス:kenko-ka@city.yonezawa.yamagata.jp