【ひとり親家庭のために】

事業名 概要 所得制限等 問合せ先
児童扶養手当  父母の離婚等で父又は母と生計を同じくしてない子どもが育成されるひとり親家庭の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉の増進を図ることを目的として、支給される手当てです。公的年金を受給している場合は、支給されません。  養育している児童の数や所得額で支給額が変わります。所得制限があり、受給できないこともあります。同居している扶養義務者の所得制限もあります。 こども課
給付担当
内線3602
ひとり親家庭等医療給付  ひとり親家庭等の医療費を軽減します。児童に父母がいない場合や父母が重度の障がい者の場合も対象になる場合があります。  父又は母が就労等の収入で児童を養育していることが要件です。前年の所得に所得税が課せられていない人が対象です。 こども課
給付担当
内線3605
母子・父子自立支援員
 母子父子寡婦福祉資金貸付の相談、暮らしや仕事、子どものことなどの日常の悩みや利用できる制度の相談に応じます。   こども課
相談担当
内線3608
母子父子寡婦福祉資金貸付  事業開始資金、就学資金、技能習得資金、就業資金、就職支度資金、生活資金、医療介護資金、住宅資金、児童扶養資金、転宅資金、就学支度金、結婚資金  所得制限があります。  こども課
相談担当
内線3608
子育て短期支援事
 ショートステイ
 病気、看護、事故、出張などの為、一時的に養育が困難になった時などの緊急時に、施設で児童をお預かりします。対象は、満3歳から小学生6年生までで、1回7日間まで1年間に30日間利用できます。
 所得に応じて利用料があります。
こども課
相談担当
内線3608
 トワイライト
 恒常的な残業等で帰宅が夜間になる場合に児童を21時までお預かりします。対象は、小学生で、1年間に30日間利用できます。
こども課
相談担当
内線3608
母子家庭等高等職業訓練促進給付金
 ひとり親家庭の父又は母が、看護師等の資格取得のため1年以上専門学校等で修学している場合に助成金を支給します。
 事前相談が必要です。 こども課
相談担当
内線3608
自立支援教育訓練給付金
 ひとり親家庭の父又は母が、就業に結びつく講座等を受講した場合、費用の一部を助成します。  事前相談が必要です。 こども課
相談担当
内線3608
ひとり親家庭子育て生活支援事業
 ひとり親家庭の父又は母が、けがや病気、急な仕事、冠婚葬祭等で一時的に家事や育児ができないとき、家庭生活支援員がお手伝いをします。  事前に登録が必要です。所得に応じて自己負担があります。 こども課
相談担当
内線3608
JR通勤定期券の割引  児童扶養手当を受給しているひとり親家庭や生活保護世帯の方がJRを利用して通勤している場合に、通勤定期乗車券を3割引で購入できます。  購入前に資格証明書の申請が必要です。事前に余裕をもって御相談ください。 こども課
相談担当
内線3608