【法人市民税】

法人市民税とは

 法人市民税とは、市内に事務所・事業所または、尞などがある法人(株式会社・有限会社など)にかかる税金です。法人市民税には、国税である法人税額に応じて課税する法人税割と、市内に事務所などを有していた月数に応じて課税する均等割があります。

納税義務者と納めるべき税額

納税義務者  税額 
 市内に事務所・事業所のある法人  均等割額+法人税割額
 市内に事務所・事業所はないが、寮等のある法人  均等割額
 市内に事務所・事業所のある公益法人等または人格のない社団等で収益事業を行うもの  均等割額+法人税割額

申告と納税について

 それぞれの法人が定める事業年度終了後、一定期間内に税額を申告するとともに、その税額を納めることになっています。

確定申告

 事業年度の終了に伴い、その事業年度中の課税標準や税額等を確定したものとして申告するものです。事業年度終了後、通常2ヶ月以内(延長の届をしている法人を除く)に申告します。

中間申告

 事業年度が6ヶ月を超える法人が、仮決算により申告するものです。事業年度開始の日以後6ヶ月を経過した日から2ヶ月以内に申告します。

予定申告

 事業年度が6ヶ月を超える法人が、事業年度開始の日以後6ヶ月を経過した日から2ヶ月以内に申告するものです。こちらは、前年実績を基礎として申告します。

その他

 更正の請求、修正申告、清算予納申告、清算確定申告などがあります。

税額と計算方法

法人税割額について

 法人税割額=課税標準となる法人税額×税率12.1%
 なお、事務所・事業所などが他の市町村にもある場合、米沢市に納める法人税割額は次の式で計算した額となります。
 法人税割額=課税標準となる法人税額×(米沢市内の従業者数÷全従業者数)×税率

均等割額について

 均等割額=税率×事務所などを有していた月数÷12月
資本金等の額   米沢市の従業者数  税率 
50億円を超える法人 50人を超えるもの  3,000,000円
50人以下のもの  410,000円
10億円を超え50億円以下である法人 50人を超えるもの  1,750,000円
50人以下のもの  410,000円
1億円を超え10億円以下である法人  50人を超えるもの  400,000円
50人以下のもの  160,000円
1千万円を超え1億円以下である法人 50人を超えるもの  150,000円
50人以下のもの 130,000円
上記以外の法人 50人を超えるもの 120,000円
50人以下のもの 50,000円

★ 資本金等の額=法人が株主等から出資を受けた金額として政令で定める金額をいいます。(保険業法に規定する相互会社にあっては純資産額として政令で定めるところにより算定した金額をいいます。)

 

★ 従業者数=その申告にかかる算定期間の末日現在の数となります。

届出について

法人の届出事項に異動が生じた際には、法人市民税にかかる設立・変更等届出の提出をお願いいたします。
法人設立・変更等届出書ダウンロード【PDF】はこちらから
※様式を崩さないためにPDF形式で掲載しております。
※「提出用」と「控用」があります。A4サイズで印刷し、「提出用」をご提出ください。
異動事由ごとに下表の書類の写しを添付してください。

異動事由  登記事項証明書  定款  その他 
設立・開設 ・転入 ○   
支店の廃止      添付書類なし 
解散・結了・転出     
合併による設立・開設・転入  ○  合併・分割契約書 
合併による解散    合併・分割契約書 
事業年度の変更    ○  定款に記載がない場合は総会議事録等記載のあるもの 
申告期限の延長      税務署に提出した申請書の写し(受付済のもの) 
各登記事項の変更     

このページの作成・発信部署

総務部税務課

(税制係、市民税係、土地係、家屋係)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-22-0498
メールアドレス:zeimu-ka@city.yonezawa.yamagata.jp