【軽自動車税】

軽自動車税とは

 軽自動車税とは、固定資産税に代わる財産税としての性格と道路損傷負担的性格を併せ持った税であるとされています。

 道路運送車両法に定義されている原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車(農耕用機械も含みます。)及び二輪の小型自動車(排気量が250ccを超えるバイク等)に課税されます。

課税はどこで?

 軽自動車税の課税権は、その軽自動車等の主たる定置場の所在する市町村にあります。

主たる定置場とは

 主たる定置場とは、「軽自動車等の運行を休止した場合において、主として駐車する場所」をいいます。具体的には次のとおりとなっています。

  • 原動機付自転車及び小型特殊自動車・・・所有者の住所地
  • 検査(車検)対象外軽自動車(主に排気量が125ccを超え250cc以下のバイク)・・・ナンバープレートと共に交付される届出済証に記載された使用の本拠地
  • 検査(車検)対象軽自動車(主に四輪の車)及び二輪の小型自動車・・・自動車検査証(車検証)に記載された使用の本拠地

納税義務者

 基本的に軽自動車税の納税義務者は、毎年4月1日現在の軽自動車等の所有者となっています。ただし、軽自動車等の売買にあたって所有権が売主に留保されている場合は買主である使用者が所有者とみなされて納税義務者となります。

 ※4月1日現在で軽自動車等を所有していれば、その年度分の軽自動車税が課税されます。なお、自動車税のような月割制度はありませんのでご注意ください。
 米沢市は、納税通知書を毎年5月中旬に発送しており、納期限は同5月末日となっています。

税率と手続きについて

 米沢市の軽自動車税の税額は次のとおりとなっています。 
 軽自動車等を取得したり、廃車・売却などをした場合は、速やかに次の場所で、車両についての届出と軽自動車税の申告を必ず行ってください。

車種 税額(円) 手続き申請場所
 原動機付自転車  50cc以下 2,000  市役所
 50ccを超え90cc以下 2,000
 90ccを超え125cc以下 2,400
 ミニカー 3,700
 小型特殊自動車 農耕用(コンバイン・トラクター等)  2,400
 その他特殊作業車(フォークリフト等) 5,900
 二輪の軽自動車 125ccを超え250cc以下  3,600  軽自動車協会 
 被けん引車 3,600
 雪上車 3,600
 三輪の軽自動車  旧税率(※1) 3,100
 新税率(※2)  3,900
 重課(※3)  4,600
 軽課75%(※4) 1,000
 軽課50%(※5)  2,000
 軽課25%(※6)  3,000
 四輪の軽自動車 乗用  営業用   旧税率 5,500
 新税率 6,900
 重課 8,200
 軽課75% 1,800
 軽課50%  3,500
 軽課25%  5,200
 
自家用
 旧税率  7,200
 新税率  10,800
 重課  12,900
 軽課75%  2,700
 軽課50%  5,400
 軽課25% 8,100
 貨物 営業用   旧税率 3,000
 新税率 3,800
 重課 4,500
 軽課75% 1,000
 軽課50% 1,900
 軽課25% 2,900
 
自家用
 旧税率 4,000
 新税率 5,000
 重課 6,000
 軽課75% 1,300
 軽課50% 2,500
 軽課25% 3,800
 二輪の小型自動車 250ccを超えるもの  6,000  運輸支局

※1 平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両は旧税率が適用されます。
※2 平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた車両は新税率が適用されます。
※3 最初の新規検査から13年を経過した車両は概ね20%税率が上乗せされる「経年車重課」が適用されます。
※4 電気自動車等。燃費性能に応じて税率を概ね75%軽減する「軽課」が適用されます(新規検査を受けた年度の翌年度のみ)。
※5 乗用車はH32年度燃費基準+20%達成車。貨物車はH27燃費基準+35%達成車。燃費性能に応じて税率を50%軽減する「軽課」が適用されます(新規検査を受けた年度の翌年度のみ)。
※6 乗用車はH32年度燃費基準達成車。貨物車はH27燃費基準+15%達成者。燃費性能に応じて税率を25%が軽減する「軽課」が適用されます(新規検査を受けた年度の翌年度のみ)。

 市役所 ・・・手続き窓口は、米沢市役所市民環境部市民課窓口係 
 軽自動車協会・・・手続き窓口及びお問い合わせは、山形県軽自動車協会(TEL 023-686-3600)
 運輸支局・・・手続き窓口及びお問い合わせは、東北運輸局山形運輸支局(TEL 023-686-4711)

減免について

 軽自動車税は、申請により減免される場合があります。減免申請ができるものとして次のものがあります。

  • 公益のために使用する軽自動車等
  • 身体や精神に障害がある方のための軽自動車等(普通自動車も含めて1人につき1台に限られます。)
  • 構造が専ら身体障害者等の利用に供するためのものである軽自動車等いずれの場合も納期限前7日までに申請が必要ですのでご注意ください。また、身体障害者の方の等級によりまして減免対象から外れる場合がありますので、事前にお問い合わせください。

Q&A

Q;年度中途に軽自動車を所有しなくなったが、税金を支払わなければならないのか。また、支払う必要があるとしても自動車税のように月割りで還付となるのか。
A;軽自動車税は毎年4月1日現在に軽自動車等を所有している方に例外なく課税されます。したがって年度中途に譲渡等により軽自動車等を所有しなくなっても4月1日現在所有者となっていれば納税していただく必要があります。また、軽自動車税は自動車税とは異なり月割で税金を還付する制度はありませんのでご注意ください。

Q;バイクが盗難に遭った場合どのような手続きがあるのか。
A;バイクが盗難に遭った場合は、まず最寄の警察署、交番等へ届け出て、「盗難届出証明願」の交付を受けてください。(警察署によっては「盗難届出証明願」の発行をしていないところがありますので、その場合は、「警察署名称」、「盗難届受理番号」、「届出日」を控えてください。)次に米沢市役所で手続きとなりますが、手続き方法や持参するもの等について事前に税務課税制係までお問い合わせください。

このページの作成・発信部署

総務部税務課

(税制係、市民税係、土地係、家屋係)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-22-0498
メールアドレス:zeimu-ka@city.yonezawa.yamagata.jp